記事公開日:最終更新日:

留学をお考えの方は…?

移住前のプチ留学がオススメ!

キャリーバッグ

移住を考えている方、または長期間の本格的な留学を考えている方にオススメなのが、短期間のプチ語学留学です。学校にもよって期間は異なりますが、1週間~半年でも受け入れているところが多く、たとえば1ヶ月程度のプチ留学なら、面倒な引っ越し手続きなどを行わなくても、海外に滞在することが可能です。

プチ留学では、語学を学ぶだけではなく、海外で暮らす経験や現地の人々・現地の文化に触れる経験もでき、いわば、お試し移住生活が送れます。実際に短期留学の後に、次のステップとして本格的な留学や移住へ向けて動き始める方も多く、若い人だけではなく、老若男女から注目を集めています。


人気のプチ留学先はフィリピン・セブ

プチ留学先として、近年、最も人気が高いと言える国が、東南アジアのフィリピンです。治安が悪いイメージもありますが、語学スクールが集まっているのは、治安の安定しているセブ。英語圏であるアメリカやオーストラリアではなく、フィリピンのセブが選ばれ続けている理由は幾つもあります。

セブが選ばれる理由

まずは肝心の英語力。フィリピンは公用語にフィリピン語と英語を使っており、幼い頃から学校の授業を英語で受けています。また、生まれつき英語を母国語としている欧米諸国の人々とは異なり、フィリピン人は英語を学んで習得したからこそ、分からない気持ちを理解でき、教える技術に長けています。

また、欧米の留学よりも50%~70%ほど安価で、移住や長期留学前に費用を抑えられます。フィリピン人講師の人件費も安いため、リーズナブルな価格でありながら、マンツーマンの授業が受けられるなど、コストパフォーマンスの面でも秀逸です。

セブはプチ移住先としても「ちょうどいい」

海外移住先としても人気のフィリピンですが、他国への移住を検討している人にとっても、セブはプチ移住先として「ちょうどいい」条件が揃っています。

タイのバンコクなど、日本人が密集している都市をプチ移住先にしてしまうと、あまり不便を感じる機会がないため、移住を甘く考えてしまいがちで、いざ移住先に行ってから苦労をする可能性があります。逆に、ほとんど日本人がいない地域をプチ移住先にしてしまうと、今度は最初からハードルが高すぎて、移住や留学そのものを諦めてしまうことにも繋がりかねません。

セブには、日本人やフィリピン人の他にも、韓国人やマレーシア人など、アジアを中心とした留学生が多く、街も適度な便利さと不便さ、開放感と緊張感が絶妙に混在しており、移住体験の地としては最適な街と言えるでしょう。

申し込みは何ヶ月前から?

入学日時を指定している学校と、そうでない学校があるので、実際の申し込みをいつまでに行えば良いのか?は学校によって異なります。ただし、フィリピン留学は学生だけでなく、社会人も多いので、夏期や年末年始を含む冬期など、一般的に連休を取りやすい時期は、すぐに満員になってしまうので、早めに問い合わせをするようにしましょう。

滞在先は?

ほとんどの学校で、セキュリティ面を考慮し、提携ホテルやコンドミニアムまたは学生寮を用意しています。よって、ご自身で宿泊先(または物件)を探す必要がありません。学生寮しかない学校でも、個室や相部屋、4人部屋など部屋のタイプが幅広く、快適に暮らせる環境を整えています。また、寮の場合は基本的に食事も付いています。

治安の心配は?

色々と騒がれているフィリピンの治安ですが、セブに関しては至って平常です。留学生だけではなく、フィリピン屈指のリゾート地として観光客も多く、ツーリストポリスも駐在しています。とは言え、夜間の外出や一人歩きには注意が必要です。


留学前の心構え

勉強する男性

本格的な留学やプチ移住としての短期留学の前に、日本でどのようなことを行っておけば良いのでしょうか?現地の情報収集はもちろんですが、留学ならではの準備や心構えがあります。

通常の移住やロングステイとは異なり、語学留学になるので、ある程度の下準備は必要です。必須ではありませんが、ご自身で予習をしておくと、語学留学がさらに有意義な時間となります。

単語や文法は覚えておく

ポイントは簡単な英語や文法は覚えておくこと。入学時に英語レベルをチェックされるので、個人に合ったレッスンを受けられますが、日本で学ぶ時とは異なり、英語を英語で教わることになります。分からない単語があった場合、都度、英語でその単語を説明してくれますが、その中にもさらに分からない単語があると、なかなか前に進みません。

また、文法の基礎などは、英語で説明されるより、日本語で書かれた参考書の方が理解しやすく、目を通しておくだけで、だいぶ理解度が変わります。発音やリスニングなどは、現地で鍛えられますが、単語と文法に関しては、個人の予習が左右するので、可能な限り把握しておくようにしましょう。


フィリピン留学ならビザは学校が手配

フィリピン留学が、プチ移住にオススメできる理由の一つにビザの取得しやすさがあります。どこの国に住むにも、海外移住の壁となって立ちはだかるビザですが、フィリピン留学の場合は、原則的に学校がビザの手続きを行ってくれます。

海外旅行保険への加入が必須の学校も!

学校によって異なりますが、海外旅行保険への加入を義務付けている学校もあります。クレジットカードに付帯されている海外旅行保険を認めている学校もあれば、不可としている学校もあります。不可の場合は、海外旅行保険証のコピーを提出しなければならないので、保険については聞き逃しのないように注意しましょう。