海外保険の加入|海外移住・留学・転勤のサポートサイト

海外移住人気国ランキング
  • 1位 マレーシア移住
  • 2位 タイ移住
  • 3位 フィリピン移住
  • 4位 インドネシア移住
  • 5位 カナダ移住
  • 6位 ハワイ移住(アメリカ移住)
  • 7位 オーストラリア移住
  • 8位 ニュージーランド移住
  • 9位 スペイン移住
  • 10位 シンガポール移住
カテゴリ別移住ランキング
  • 総合ランキング
  • 安さで選ぶ
  • 治安で比べる
  • 定年退職者が選ぶ
  • ビザ取り易さ
  • 気候・風土で選ぶ

イジューの部屋

保険の加入

保険の相談風景

海外保険にはいろいろと種類があり、補償の内容から掛け金、また掛けられる年数まで大きく異なってきます。 特に、現地での生活に慣れるまでは、精神的にも肉体的にも疲労が出やすいので、必ず保険には入っておきましょう。

日本国内では、あまり感染しない病気が流行っている地域や、衛生状態が良好とは言い難い地域があるだけではなく、 気候の違いで体調を崩すことや、ルールが守られていない交通状態の被害に遭うことも想定され、いつ病気や怪我で通院することになるのか、 また、いつ入院をすることになるのかは分かりません。

短い期間を比較的、安全な地域で楽しむ海外旅行とは違うため、旅行で一度も病院にかかったことのない人や、 日本国内で体調をあまり崩さない人でも、 可能であれば海外渡航前に、保険に入っておくようにしましょう。

現地でも加入できる保険はたくさんあり、特に日本人が多い地域では、日本語のパンフレットを入手することや、 日本語での説明を受けることも可能です。現地の物価が安く、保険料も安価な場合などは、 現地で加入した方が経済的にも負担が軽く済むでしょう。 それでも、現地の保険に入るまでの短い間、数日タイプの保険でも構わないので、日本で保険に入っていれば、 到着後すぐに起きてしまった事故や怪我なども補償されるので安心です。

クレジットカード

クレジットカードの海外旅行保険は、海外旅行者向けで最大90日間を限度としているタイプがほとんどです。補償内容は、主に傷害死亡、傷害、 疾病治療、後遺障害などが含まれているため、90日以内に現地の保険に入ることができるのであれば、それまでの間、 つなぎとしてクレジットカードの保険でもカバーすることができるかもしれません。

ただし、救急車の利用費や入院の際の補償の範囲などは、 あらかじめカード会社に確認をしておき、補償の範囲が限られているようであれば、別途、保険に入っておいた方が無難でしょう。

保険会社のほうで、お勧めプランやお勧めセットなどを用意していることがありますが、そのような場合は、その中から選べば、 まず間違いはありません。ただし、ダイビングや登山など危険を伴うことのある趣味を持つ人や、あまり治安が良くない地域に滞在する人などは、 担当者とよく相談をしながら補償内容を決めておいた方が安心です。

保険会社としても、トラブルや事故が起きる前に相談をしてもらった方が、具体的な対策が立てやすく、手厚いフォローをすることもできます。 また、保険会社は、海外情勢や自然災害など危険情報の入手が早いので、 ときどき日本の保険会社に連絡をしてみるのも良いでしょう。