【カナダ移住体験談:カナダで人気の職業は?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カナダで働きたいけれど、カナダではどのような職業が人気なのでしょうか?ワーキングホリデーや学生、ワークビザを持っている人から人気の職業と、カナダに住むカナダ人から人気の職業は異なってきます。ワーキングホリデーやビザをもってカナダで働く人は、カナダでの経験を自分の国に帰ってから生かせる職業や、現地の人とコミュニケーションが多く取れる職業などが人気です。
カナダに住んでいるカナダ人から人気の職業は、定時で帰ることができる仕事や給料の高い仕事が人気を集めています。

ワーキングホリデーや学生、ワークビザを持っている人からはどのような職業が人気なのか、見てみましょう。
・レストランのサーバー、日本食レストランまたはローカルのレストラン
時給は高くないものの、給料の他にチップをもらうことができます。英語でコミュニケーションができれば問題なく働くことができます。一緒に働く人だけでなく、お客さんとのコミュニケーションも楽しむことができます。

・カフェ
カフェでの仕事はワーキングホリデーや学生の人から人気です。レストランと同様、給料の他にチップをもらうことができること、一緒に働く人やお客さんとのコミュニケーションを楽しむことができます。給料とチップの面で言うと、レストランよりはやや低くなりますが、コーヒー好きの人にはなかなか楽しい仕事です。

・日本語教師
日本語学校のある街では、日本語学校の教師として働くこともできます。また、日本語に興味のある現地の人にチューターとして日本語を教えるという方法もあります。しかし、チューターの場合には、まとまった収入を得ることができないので、他に仕事をしながらチューターをするというのが無難でしょう。

・ツアーガイド
現地のツアー会社では、英語以外の言語を話せる人を求めています。ツアーガイドとして働く場合には日本語を生かすことができますが、英語が話せない観光客を案内することになるので、英語は必須になります。

・チャイルドケア
日本で保育士もしくは幼稚園教諭の資格があり、保育の現場で働いたことのある人であれば、カナダのデイケア(保育園)やプリスクール(幼稚園)で働くこともできます。ただし、グループデイケアやプリスクールの場合には、日本の資格をカナダの州の資格(ECE)に書き換える必要があります。小さな規模のデイケア(ファミリーデイケア)などの場合には、現地で20時間程度のコースを取ることでカナダのチャイルドケアで働くことができます。チャイルドケアの仕事は、保育に興味のある人であれば、日本とは違った文化の中で保育を学ぶことができます。

・ナニーまたはベビーシッター
ナニーには、”live in nanny”と”live out nanny”の2種類あります。前者の”live in nanny”は、同じ家に住みながら両親が働いている間子供たちの世話や家の掃除などをします。”live out nanny”の場合には、住むところは別で、決められた時間にベビーシッターのような仕事をします。ナニーの仕事をみつけ、その家族から協力を得ることができると、ワーキングホリデーからワークビザの申請をすることも可能です。

・翻訳または通訳
英語に自身があるという人は、現地で翻訳や通訳の仕事をみつけることもできるでしょう。翻訳や通訳の仕事はスキルが必要とされることから、他の職業に比べると給料は高くなります。

ここにある職業の他にも、実際に求人を見てみると様々な職業があります。カナダで働ける期間が一定期間の場合には、仕事を通してカナダでしかできな経験をすることができると良いですね。

vancouver

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる