【カナダ移住体験談:カナダ永住権を取得する方法は?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カナダへの移住は、永住権、もしくは市民権を取得することで、カナダ移住を実現することができます。市民権を取得するとなると、日本の国籍を破棄する必要が出てくることから、多くの人が「永住権」を取得してカナダ移住をしているようです。

カナダ永住権を取得する方法は幾つかあります。どのような流れで永住権を申請することができるのか、見てみましょう。

●スポンサー企業を見つける
ワーキングホリデーや就労ビザなどでカナダで仕事をし、スポンサー企業を見つけることで移民を申請する際のスポンサーになってっもらうという方法です。スポンサーを経て移民申請する場合には、移民の手続きが完了するまでは、同じ企業にて働く必要がありますが、移民が完了した後には別の職業を選んで働くことも可能になります。
企業にスポンサーになってもらうためには、その企業で1年から2年以上働く必要があります。移民申請から取得までの期間は早くて8か月、長くかかると24か月ほど待つこともあるようです。

●ナニービザを経て移民
ナニーとは、子供のいる家や、介護を必要とする家庭に住み込みで働く仕事になります。日本で保育士や幼稚園教諭などをしていた人や、介護士をしていた人は、経験と知識を生かして仕事をし、移民へとつなげていくことができます。日本での経験がなくても、ナニービザに興味がある場合には、カナダで6か月間学校に通って資格を取得することで、ナニービザ取得のための条件をクリアすることができます。取得できるまでの期間は、ナニーとして2年以上働きカナダに滞在します。その後で、移民申請をし、かかる期間は8か月から24か月となっているようです。

●自分で企業を起こす
カナダへの移民の方法は、企業やナニーなどのスポンサーを見つけるだけでなく、カナダで自分で企業を起こして移民申請するという方法もあります。寿司職人などを通してカナダへの移住を実現する人もいるようです。

これ以外にも、カナダ永住権の申請は、家族を呼び寄せるために永住権を申請できる場合もあります。永住権は、定期的に更新する必要はありますが、一度取得すると市民権とほぼ同じ条件でカナダに生活することができるようになります。

%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%80%e5%9b%bd%e6%97%97

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる