【カナダ移住体験談】コスチュームデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カナダのコスチュームデー

カナダでは10月31日のハロウィンには、学校や幼稚園、デイケア、職場など、様々なところでコスチュームデーが行われます。コスチュームデーの日には、ハロウィンのコスチュームを来て学校や幼稚園、仕事に出かけていくのです。中には、朝だけコスチュームを来て、日中着替えるという人もいるでしょう。レストランやカフェに行くと、10月31日には、いつもと違った格好の店員さんが接客してくれることもあります。
職場などの場所では、自由なコスチュームで行くことができますが、学校に限っては、安全のためということで、顔を覆うマスクだけは禁止されています。しかし、フェイスペインティングはOkなので、コスチュームに加えてフェイスペインティングを楽しむ人もいます。

10月31日はモールがみどころ

10月31日には、ショッピングモールに行くと、ハロウィンのイベントがまっさかりです。多くのお店でキャンディを配っており、コスチュームを来てお店にTrick or Treat!と行くと、キャンディをもらうことができます。そのため、ショッピングモールには、10月31日には、コスチュームを着た子供たちが多く集まってにぎわいます。多くのモールでは、Trick or Treatの時間が決まっているので、前もってチェックしておくのがオススメです。

Trick or Treatは夕方から

一般の家でのTrick or Treatは、夕方、薄暗くなるころから始まります。多くの家では、5時半から6時ころからはじめ、コスチュームを来て家々を回っていきます。多くの場合、5時半ころから7時ころまでにまわる子供が多く、それ以降はTeenだったり、悪質ないたずらもあるので、遅くなってからはドアのノックがなっても開けないという家が多くあります。

ドアをノックする前にパンプキンをチェック

Trick or Treatは、どの家に行っても良いという訳ではありません。家によっては、ハロウィンを嫌っているう場合もあるので、そういった家へのノックは厳禁です。Trick or Treatをしていない家には、パンプキンがおいていないので、それが目印になります。パンプキンがなくても、ハロウィンの飾り付けがしてある家はTrick or Treatをしていると考えてよいでしょう。
安全にハロウィンを楽しむためには、もらってきたキャンディを食べる前に、親がすべてチェックし、開封済みのものなどは食べないなどの配慮も大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる