【カナダ移住体験談】カナダBC州の運転免許

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カナダで運転する方法

カナダで運転するためには、カナダで有効な運転免許証が必要です。しかし、幸いなことに、日本の運転免許証を持っていると、必要な手続きを取ることにより、試験などを受けずにカナダで運転することができます。日本の運転免許証でカナダで運転する方法についてみていきましょう。

カナダ旅行で運転する場合

カナダに1カ月以内などの短期間訪れる場合は、日本の免許センターで国際運転免許証を発行してもらうと便利です。国際運転免許証があると、パスポート以外の身分証明書として使うことができるとともに、カナダでレンタカーをすることもできます。万が一スピード違反などでつかまった時にも、英語で詳細が表示されている国際運転免許証があれば、ややこしいことなく手続きをすることができます。もちろん、スピード違反などでつかまると罰金を払うことになるので、カナダで運転するときも安全運転は心がけましょう。

留学やワーキングホリデーの場合

留学やワーキングホリデーなどの際にも、旅行の時と同じように国際運転免許証があると安心です。国際運転免許証は1年有効期間があることから、出発の時期に合わせて発行すると安心です。

長期もしくは移住する場合

仕事などで1年以上カナダに滞在する場合や移住をする場合には、日本の免許証をカナダの免許証センターICBCに持っていくことで、日本の免許証からカナダBC州の運転免許証に書き換えることができます。ただし、この場合は、BC州のほうれいにより、ひとつ以上の運転免許証を所持してはいけないというルールがあることから、日本の免許証は没収されます。日本に戻ってから日本の免許証を更新する可能性がある場合には、ICBCに行く前にコピーをとっておくと安心です。

一度BC州の運転免許証に書き換えてしまえば、後は定期的に更新するだけでカナダで運転することができます。
車を所持する場合には、カナダでは保険への加入が義務付けられており、ナンバープレートがその保険のしるしになります。ナンバープレートにシールを張ることで、保険の有効期間を示します。これが切れてしまうと、運悪く罰金となることもあるので注意が必要です。

バス

ページの先頭へもどる