【カナダ移住体験談】カナダの空港の駐車場事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

空港までの道のり

カナダでは、バンクーバーやトロント、モントリオールなど、大きな街では、メトロやスカイトレイン、サブウェイなど、空港までの交通機関が便利になっています。しかし、小さな町では、車を運転する人が多いことから、公の交通機関はかなり不便で、スーツケースをもってバスを乗り継いて空港まで行くのはとても大変です。特に、普段運転する人は、バスなどを利用するよりも、自分で空港まで運転してしまった方が早いのです。そこで気になるのが空港まで運転したらそのあと車はどうするのか?今日は、空港の駐車場事情について紹介していきます。

Long term perking

旅行などで空港を利用する場合、Long term perkingを利用することで、旅行中に車を空港の駐車場に停めておくことができます。料金は、バンクーバーなどの大きな町では高いとよそうされますが、小さな町では、旅行日数によってはタクシーを使うよりも安い場合があります。地域によっても異なるので、旅行が決まったら、利用する空港の駐車場に問い合わせてみましょう。予約なしで利用できるところもありますが、予約が必要な場合もある可能性があるので、その点も前もって確認しておくと安心です。空港に到着したら、車のカギをあずけ、必要な手続きをしたら出発できます。車を預ける場合には、チェックインの時間の余裕を持っていくようにしましょう。

Short term perking

空港には、Short term parkingというのもあります。Short termは24時間未満の駐車場で、空港で1時間や2時間過ごす人に便利な駐車場です。空港によっては、到着した人をピックアップするだけの場合は15分や30分未満は無料でShort term parkingを利用することができる場合もあります。空港の駐車場は高いという人が多いのですが、確かに町中の駐車場に比べたらやや高めではありますが、極端に高額ではないので安心して利用できる範囲です。デビットカードを使える場合もありますが、万が一のためにクレジットカードもしくは現金を用意しておくとさらに安心です。

空港

ページの先頭へもどる