【カナダ移住体験談】Pro-Dayの日に映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Pro-Dayとは

カナダの公立の学校では、年に何回かPro-Dayと呼ばれる休日があります。休日と言っても、休みになるのは学校だけなので、子供が学校に行っている間に働いている人は、Pro-Dayには、Pro-Dayキャンプと呼ばれる、学童保育のようなものを見つけてカバーするか、もしくは仕事を休む必要があります。

Pro-Dayとは、日本の学校で言うと研修日のようなもので、この日に学校の先生たちは、先生たちが子供たちに教えるために何かを学ぶ日となっています。

映画館へ

このPro-Dayの日、たまたま頂いたチケットがあったこともあり、子供たちと映画館に行ってきました。映画館に行くときには、前もってオンラインで予約しておくと当日並ばずに済むのですが、持っていたチケットがオンラインでは使えなかったので、そんな時には早めに映画館に到着するようにします。

映画が始まる近くの時間は、映画館の前は列ができているのですが、そこで席の予約をすることができるので、中に入ってからは焦らずに準備ができます。映画館といえば、ポップコーンとドリンク、これを買ってから席に行って映画を見ます。

最近では、映画は自宅でダウンロードしたりして見る人も多いことから、映画館に来る人が少ないのか、空席が多いのが目立ちます。
しかし、映画館で見る映画は、大スクリーンと音量でやはり迫力があります。ただ映画を見るだけなら自宅でも見ることができるのですが、こうして出かけてきて、ポップコーンを食べながら映画を見るのもやはり良いものです。

ポップコーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる