【カナダ移住体験談】かぼちゃの準備~ハロウィン~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハロウィンまで約1カ月!

9月も終わりに近づくと、いよいよカナダの街中ではハロウィンの準備が始まります。グローサリーストアやショッピングモールでハロウィンのデコレーションを見かけるようになったり、ほとんどのグローサリーストアでは、入り口に大きなかぼちゃが並びます。また、パンプキンファームでも、パンプキンパッチと呼ばれる、パンプキン狩りが始まります。

ハロウィンの楽しみは準備から

ハロウィンの楽しみは、当日のTrick or treatだけではありません。デコレーションを準備して、家をハロウィーンのために飾り付けたり、子供たちはハロウィーンのコスチューム選びに盛り上がります。小学生以上になると、パンプキンかーびんぐと言って、大きなかぼちゃをくりぬいて、Jack-O-rantanと呼ばれるかぼちゃの顔を作ります。ハロウィーン当日は、このJack-O-rantanの中にろうそくを入れ、明かりをつけることにより家の玄関周りを飾ります。

かぼちゃ料理も楽しめる

ハロウィーンが近くなると、Jack-O-rantanを作るためのかぼちゃが多く売り出されるのですが、くりぬいた中身を使って、パンプキンパイを作ったりもします。また、余ってしまったかぼちゃは、とりあえずオーブンでローストしてから冷凍しておけば、かぼちゃ料理をしたい時にさっと取り出して解答して使うことができます。

かぼちゃの種も、ちょっと面倒ですが食べることができます。まずは種わたを取り、種をよく洗います。オーブンの低温でローストし、後は皮をむいて、塩をふったらヘルシーなプロテインスナックになります。

かぼちゃひとつで、ハロウィンをはじめ、秋の料理も楽しむことができるのです。

パンプキン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる