【カナダ移住体験談】カナダの紫外線に要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

紫外線の強いカナダ

カナダの紫外線は地域にもよりますが、日本に比べると紫外線が強いので注意が必要です。例えば、私達はカナダに移住したばかりの頃はバンクーバーで、紫外線はそれほどでもなかったのですが、その後内陸部に越してからは紫外線を強く感じます。カナダに来る時は、日焼け止めや軽い長袖など、紫外線対策をしっかりとしておく必要があります。

お勧めの紫外線対策

紫外線対策は肌質にもよるのですが、私自身はカナダに来てから太陽アレルギーになり、直射日光に当たると湿疹やかゆみがでるようになってしまいました。日焼け止めではカバーできないので、今では、紫外線が強い時には、日本で購入した紫外線カットの「袖」を使っています。カナダで紫外線が強いのが5月から7月で、この時期を過ぎると紫外線に直接当たっても湿疹を起こさずに過ごすことができています。

カナダ人は紫外線に強い

太陽に当たるとかゆみがでるので、「袖」を使っているのですが、カナダで真夏に袖をつけていると、「素敵なファッションね」と興味を持たれたり、暑くないの?と言われたりします。

カナダ人は、紫外線に強い人が多く、日焼け止めを塗らずに、紫外線対策ゼロにて外出する人も多いようです。カナダ人はシミができないのかというと、そうではなく、カナダ人は、シミやソバカスができても自然なものとして隠すこともなく、堂々とシミやソバカスを露出して過ごしています。女性は、日焼けをして色がついた方が美人、とも言われているようです。

サンセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる