インドネシア永住権のメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暖かい気候で、生活のしやすいインドネシアは、リタイアメントビザ(最長6年)をはじめ、永住権も発行しています。そんなインドネシアの永住権を取得するにあたり、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まずは、インドネシアに移住するメリットを見てみましょう。

インドネシアは、物価が非常に安く、少ない金額で豊かな生活を送ることができます。熱帯雨林の気候で、蒸し暑い気候ですが、インドネシアではタクシーの初乗りが60円なので、突然の大雨でもタクシーを利用することができるのです。タクシーを気軽に利用することができるので、リタイアメントビザでインドネシアに移住したとしても、歩く距離を最小限に抑えて移動することが可能となっています。

インドネシアに移住するデメリットは、熱帯雨林という蒸し暑い気候で、生活しやすい気候なのですが、その生活のしやすさは人間だけでなく、動植物も同じなのです。つまり、昆虫類が沢山いるということを憶えておきましょう。クモのサイズは、日本で見かけるような小さなものではなく、巨大なものが見られます。また、蛇やヤモリ、カエルなども多く、実際に蛇が室内に侵入してしまったという話も聞きます。

インドネシアへの移住を考える際には、こういったメリットとデメリットがあります。

永住権の申請は、5年間の滞在などの条件はありますが、条件の内容が他の国に比べて厳しくないので、申請しやすいというメリットはあります。

熱帯雨林

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる