ニュージーランドの住宅購入事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ニュージーランドは、日本とは反対の季節で、日本が寒い冬を迎えているころにニュージーランドは過ごしやすい夏となります。そんなことから、ニュージーランドには、日本から離れて移住する人だけでなく、日本の夏には日本で過ごし、日本が寒くなる頃にニュージーランドに行って生活するという人もいるようです。1年の半分を日本で過ごし、さらに半分をニュージーランドで過ごすことから、日本からニュージーランドの物件を購入する人も少なくありません。

ニュージーランドで住居を購入するためには、ニュージーランドでの不動産の仕組みについて理解する必要があります。住居の購入は、投資家などはローンを組まずに一括で支払って住居を購入しますが、ニュージーランド人には貯金をしない国民性があり、住居を購入するための頭金がないという人も多いのです。

そんなことから、ニュージーランドには、一括で支払って住居を購入するほかに、リースという形式をとった購入方法があります。例えば、投資家が購入した住居を賃貸に出し、その住宅を家賃10万円で貸したとします。そして、その住宅を借りる人は、リース代として家賃の10万円の他に5万円を家主に支払います。家主はその5万円を毎月貯金しておき、何年かした後にリース代として毎月支払われていた5万円を頭金とすることができます。

ちょっとややこしい仕組みになりますが、こうすることで、貯金をしないニュージーランドの人でも、リースという仕組みを通して住宅を購入することができるのです。

ニュージーランドの家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる