フィリピンで住居購入はできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィリピンで住居を購入したいけれど、情報がないのでわからない!そんな人のために、ここではフィリピンの住宅購入事情について紹介します。

まず最初に、フィリピンでは外国人の住居購入はコンドミニアムなどの共同住居のみとなっており、土地付きの住宅を購入するためには、フィリピン人の配偶者の名義で購入する必要があります。フィリピンでは、外国人でも住居を購入することができるようにと2000年から話し合いが進められているようなのですが、フィリピンでは土地トラブルが多いこともあり、難航しているようです。

外国人がコンドミニアムを購入する場合には、Land egistration CommissionのCCT(土地登記委員会)と呼ばれる権利書により、住居の名義を得ることができます。コンドミニアムは外国人でも購入することができますが、それでも誰でも購入できるのではなく、購入の際には在住証明が必須となります。

フィリピンでは、日本に比べて物価が安いこともあり、日本に比べるとはるかに安く大きな住宅を購入することができます。例えば、7ベッドルームでプール付きの家が、日本円でおおよそ10万円で購入することも場合によっては可能なのです。ただし、大きな家を購入すると、掃除やメンテナンスなどが大変という点も考えておく必要があります。

フィリピンの家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる