シンガポールで働く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールには、日本から渡航して働いている人がいます。その中の半数以上は、日系企業などの駐在員となっているようです。

シンガポールには、日系企業が進出していますが、実際に現地で働いているのは、日本人よりもローカルの人が大半であるというのもまた現実となっています。そのため、シンガポールで働くためには、現地に行ってから仕事を探す「現地採用」よりも、シンガポールに進出している日系企業を日本で探して仕事を見つけるのが良いでしょう。

日系企業の駐在員としてシンガポールで働くためには、まずはビザをサポートしてくれる企業を見つける必要があります。オンラインなどでシンガポールでの求人を取り扱っているサイトなどに登録してみるのもひとつの手段でしょう。

希望の職種が見つかった時にすぐに応募することができるように、シンガポールでの仕事を見つけたいと思ったら、まずは英文履歴書を作ってみましょう。英文履歴書は、英語力だけでなく自分をアピールする場にもなります。希望の職種に合わせて、これまでの仕事経験や学歴なども混ぜ合わせながら、応募先の企業のメリットとなるようにアピールすると良いでしょう。

面接の際には、「どうしてシンガポールで働きたいのか」といったことも聞かれるかもしれません。どうしてその職業に就きたいのか、どうして日本を離れてシンガポールで働きたいのかといったことも、前もって明確にしておきましょう。

シンガポール 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる