シンガポールに移住する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールに移住するためには、目的に合わせてビザの種類を選ぶ必要があります。子供の教育のためや、税金対策など、移住の目的は様々です。まずは、シンガポール移住にあたり、どのような手段があるのか見ていきましょう。

●EP(労働許可証)を取得して移住する方法
日本で企業を起こしている人は、その一部をシンガポールに移転することで、労働許可証を取得することができます。そのあと、シンガポール政府が定める一定期間シンガポールに滞在することで、シンガポールの永住権を取得することができるのです。

●いきなり永住権を申請する
通常の場合は、シンガポールで企業を起こしてから永住権の申請へと進んでいくのですが、時間を短縮するために、いきなり永住権を申請するという手段もあります。ただし、この場合には、国外(シンガポール以外の国)で、年間50ミリオンドル以上の売り上げがあることが条件となります。

●住居を購入して移住する
45歳以上の健康な人であれば、シンガポールに企業を起こさなくても、住居を購入することで、移住することができます。シンガポールに住居を購入すると、Long Term Visit Passを取得することができます。そののち、さらにシンガポールに滞在したい場合には、永住権を申請することができます。

●シンガポールで新しい企業を始める
日本で企業は起こしていないけれど、シンガポールで新しい事業を始めたいという人は、アントレパスを申請して企業を起こすことができます。その後、永住権を申請することができます。

このように、シンガポール移住の方法は幾つかあります。目的に合わせて、自分にあった方法で永住権を申請しましょう。

線路

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる