シンガポールの医療水準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールに滞在中、具合が悪くなったり、怪我をした場合にはどうしたら良いのでしょうか?海外で病院に行くのは、言語だけでなく、医療レベルがどのくらいなのかわからず、不安を覚える人もいるかもしれません。

しかし、シンガポールの医療水準は高く、ここ数年で医師の数も増えています。安心して医療を受けることができる都市ではありますが、気を付けないといけないのは、シンガポールの医療システムは日本の医療システムとは異なるということです。

日本では、症状に合わせて内科、外科など、専門の医師のところに診察を受けにいきますが、シンガポールでは、まず最初にどんな症状であっても、GPと呼ばれる医師のところに診察に行きます。そのGPでの診察で薬が処方されたり、検査に回されることもあります。また、GPが専門医の診察が必要だと判断した場合には、スペシャリストと呼ばれる専門医が紹介されます。スペシャリストの診察を受けることができるのは、GPによる紹介がある時のみになります。

病院も日本とは異なり、病院を利用するのは、救急外来を除いては、検査の時が主になります。こういった医療システムの違いはありますが、シンガポールは医療システムが高い都市のひとつです。医療が必要な時には、まずはGPの診察を受け、相談してみましょう。

シンガポール1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる