シンガポール入国に必要なビザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国の発展のために、優秀な人材を積極的に移民として受け入れているシンガポールは、観光で訪れる人も数多くいます。シンガポールには、現地ならではの動物が集まる動物園やイルカがジャンプするウォーターワールド、また、ユニバーサルスタジオなどもあり、観光客からの注目を集めています。

そんなシンガポールに観光で訪れる際に気になるのが必要なビザですね。海外旅行をする時には必ず、行先の国に必要なビザを確認し、必要な書類をもって入国する必要があります。

シンガポールは、14日から30日までの短期滞在であれば、ビザの申請をすることなく入国することができます。30日以上滞在する場合には、現地の移民局にて滞在延長の手続きをする必要があります。滞在延長手続きをすると、最大3か月までシンガポールに滞在することができるようになります。

30日までの滞在であれば、ビザを申請することなく入国することができますが、妊婦が入国する場合には、万が一のことも想定して、事前に観光ビザを申請してから入国する必要があるので、妊娠中にシンガポールに観光ビザで入国する場合は覚えておきましょう。(現在はシンガポールで出産の予定がない妊婦さんは特定のビザを必要としません)

また、シンガポールへの入国は、空港からではなく、マレー鉄道を通して入国することもできます。マレー鉄道を通して入国する場合には、マレーシアのジョホール・バルにて税関を通り、出国審査を受けます。そしてシンガポール国内のウッドランズ駅にて一度下車し、入国審査と税関検査を受けます。そして再度電車に乗り、シンガポール駅えと進んでいきます。

観光目的で入国する際には、往復航空券が必要になるので、航空券も忘れずに所持しておくようにしましょう。

シンガポール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる