【タイ移住1日目】初めてのロングステイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディークラップ。
今日のバンコクは酷暑です。あ、申し遅れました、サワディーカプ雄です!

7月某日に日本を出国したカプ雄、ようやく本日からタイでの生活について書いて行こうと思います。
昨日・一昨日よりは短めにまとめる所存ですが、しばしご辛抱下さい。

スーツケースの中に、未使用の新しい腕時計を箱ごと5本入れていただけで、まさかの一悶着が起きるなんて想像もしていませんでした。
無愛想の女係員Said.
「あんた、これ輸入する気でしょ」
高そうに見えるのでしょうね、ええ高かったですとも。でも、これより高い未使用の腕時計を、洋服や装飾品も買い取ってくれるブックオフに持って行ったら、もっさい男に「100円です」って言われたっつーの!!それもたった5日前に。だから、ここであらぬ疑いをかけている腕時計の数々も、ブックオフの買い取り価格では、きっと5本で500円ですよ。焼き鳥より安いですよ。
それなのに、ガタガタ騒いでんじゃねーよ、このアマがー!!

しかし、この無愛想な女、なおもしつこく食い下がります。
「どうしてこんなに腕時計を持っているの?」
「誰の腕時計なの?」

何?さっきから。そんなに欲しいの?1本100円で売ってやろうか?

「これは私物です。旅行ではなく学生ビザで入国しているので、時計が幾つか必要です」
そう主張しながらビザを見せても、女の質問攻めは終わりません。
「学校の場所は?名前は?授業の期間は?」

あのさー、どうでもいいけれど、一つ答えてから、また一つ質問しろよ!!
こういう女、合コンで最も嫌われるよー。

一つ一つ丁寧に答えると、最終的に「ふーん、行って良し」と、女はスーツケースの中に時計の箱を放り投げました。
おい、おめえ!!勝手に箱から開けて、洗ってもいない汚ねぇ手で触りやがって、ちゃんと元通りにしろよ!!しかも、乱雑に投げるって何だよ!!文化の違いだ?笑わせるな!!育ちの違いじゃ、ボケ!!
ご覧の通りの私の言葉遣いにも育ちが出てしまっています。

散らかされたスーツケースの中身を整理し、ようやく税関を抜け、中心街まではタクシーを利用しました。
旅行でバンコクを訪れたときは、断じてタクシーなんて利用しませんでしたが(安いとは言え贅沢ですもの♥)、さすがに大荷物では持ち歩くことができません。タクシーの運転手さんも、荷物の重さと大きさに苦笑いしていました。たんまりチップあげるから許してちょ。
宿泊先のホテルは、5泊の予約をしていました。この5泊の間に賃貸物件を決め、契約まで済ませるつもりです。
ホテルの場所は日本人が多いエリアのプロンポーン。日系もしくは日本人対応の不動産会社などが、数多く載っている日系情報誌の収集にも便利ですし、実際多くの不動産会社がプロンポーンや隣接しているアソーク駅に集中しています。

ついでに、私が宿泊したホテル・S Box Sukhumvit Hotelをご紹介します。
20150722110406

2014年に完成したばかりの新しいホテルですが、部屋は日本のビジネスホテルほどで、狭いっちゃ狭いです。
しかし、新しいゆえに清潔感があり、個人的にはものすごく好きです。男女ともに若いスタッフが多く、制服はスギちゃんを彷彿とさせるジーパン&ジージャンルックで、ワイルドだろ!と言いたくなります。
しかし、本当にワイルドなのは、自称:日本語を少しだけ話せる、と言う愛想の良い男性スタッフの日本語です。

「おはようございますたー」
「よろしこお願いしますたー」
ワイルドすぎるだろ!!
「二度目まして」と「ありがとうございまーた」も教えてやらな。

とは言え、私も現在、タイ語を習っている身。彼のことを笑えません。
異国の言葉を覚えること、そして異国の言葉の発音が、こんなに難しいものだなんて…。
自称:日本語を少しだけ話せる彼とは、最後まで意思疎通は図れませんでしたが、その苦労だけは尊敬に値するものだと素直に思います。

ホテルに荷物を置いてから、近くにあるFUJIスーパーへ日本人向けの情報誌をゲットするために向かいました。店の入口に置いてある情報誌を何冊か豪快にカバンに投げ入れ、せっかく来たのだから店内も徘徊してみました。

ねーねー、奥さん、ビックリンコよ!日本の食品がズラリンコ!
そーよ、そーよ、なんなら日本のスーパーよりも品揃いが豊富よねー。
うちの子ねー、「下町のラーメン屋さん」ってゆー冷凍食品が好きなのよー。
あらー、あの112バーツのラーメンねー。うちの子には200バーツ以下のものは食べさせないようにしているから、わたしも食べたことがないけれど、ほんの少しだけ美味しそうよねー。

2015072419493600

2015072419495500

本当に、値札さえなければ、日本と変わりありません。ちなみに、会計後は「ありがとうございました」と流暢な日本語で挨拶をしてくれ、商品だけではなくサービスも日本式なのだと知りました。
スーパーを出て時計を見ると、まだ夕方6時。日本にいるときに調べて、住みたい場所の第1候補にしていた「オンヌット」まで行ってみました。

オンヌットは、旅行者には馴染みのないエリアですが、ここ最近は高級コンドミニアムが次々と完成し、非常に注目を集めているエリアです。プロンポーンのような日本人に特化してあるエリアではありませんが、ローカルの雰囲気を色濃く残しながらも、大型スーパーやショッピングモールが揃う便利なベッドタウンとして知られています。その著しい発展から、ここ数年はタイ人だけではなく、欧米人やアジア人、そして日本人も多く住むようになり、様々な意味でバランスの取れた場所だと思います。

また、どうしても中心部になると駐在員向けの物件が多く、家賃の相場も高くなります。例えば、3万バーツ(大雑把に1バーツ4円換算で12万円)で駅から徒歩10分とかの物件があり、個人的にはタイの炎天下、そして雨季の豪雨を考えると、駅まで10分歩くなら、10分電車に乗っていた方が良いだろうと判断して、中心部から少し離れますが、オンヌットを希望していました。
しかし、数多くの情報を日本で得ていたとしても、それは全てネットの情報。自分の目で確認しないことには、その良さも悪さも分かりません。さらに、物件の内見は、日中の明るい時間に行うことになると思うので、夜の様子も見ておきたかったのです。
(37歳、比較的ブスなオスでも治安面は不安なの…)

到着したオンヌット駅は、中心部からもさほど離れておらず、外を見ている間に到着しました。
駅から直結している大型スーパー・Tesco Lotusは朝6時~24時まで営業しており、照明が明るく清潔なフードコートもありました。こういう店があるのとないのでは、特に最初、色々と物が揃うまでは、格段に違いますよね…。ぷらりと夜の街を徘徊してみましたが、治安も問題なさそうで一安心です。

オンヌットの下見も終わったので、プロンポーンのホテルに戻り、死んだように眠ったまま、移住の初日は終わりました。

2015072419584500
途中、1人でタイスキに700バーツ(1バーツ4円換算で2800円)を使ったことは、今でも反省しています。

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★──────────────────────────────────

コメント

  1. SOl雄 より:

    かぷさん

    こんばんは。
    かぷさんが宿泊されたホテル、
    どしてこちらのホテルをチョイスされたのですか??
    ちなみにタオルの交換毎日ありました?

    SOl

    1. サワディーカプ雄 より:

      SOI雄さん

      こんにちは。コメントの返信が遅くなって申し訳ありませんでした。
      このホテルを選んだ理由は、まず第一に新しいホテルだったこと、そしてプロンポーンにあったことです。プロンポーンなど日本人が多い場所を選んだ理由はブログ内にあったので、特に追記しませんが、他にも安かったこと、wi-fiが無料だったことなども理由としてあります。
      タオルの交換は毎日ありましたが、歯ブラシなどは交換してくれる時としてくれない時がありました。(たぶん、うっかりミス)
      でも、フロントに言えば部屋まで持って来てくれます(ここのホテルに限りませんが、英語がたとえBGM程度でも、wi-fi無料だと翻訳サイトで翻訳した文章をコピペして見せたら良いだけなので簡単ですよ)。
      皆さん親切なので、とても良いホテルだと思いますが、ただ、駅から徒歩5分くらいあるので、雨だと少し厄介です。タクシーに乗る距離でもないし、でも雨が強いと結構、濡れる距離だし…。もう一つ難点があるとすれば狭いです。本当に日本のビジネスホテル程度の広さだと思って下さい。別に広さを求めていないなら良いのですが(スーツケースはベッドの上を使わなくても開けられます)。

      ちなみにテレビですが、ホテル予約サイトによっては「NHKを観ることができる」と書いていますが、映りませんでした。

Comments are closed.

ページの先頭へもどる