【タイ移住11日目】タイの床屋で髪を切る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディークラップ。
カプ雄おじちゃんだよー。それでは今日も移住生活を振り返ってみましょう!

タイ移住11日目の朝は8時半に起床しました。今日はまずIKEAに向かいます。
2015072823140200

先日も行ったばかりですが、その時は品切れで購入することができなかった小さな棚(ベッドサイドに置きたい)を買いに行きます。9時過ぎくらいに、前回と同じく、IKEAへの無料送迎バスが出ているUdomSuk駅へ。
2015072823142200

前回は40分ほど待ちましたが、あの時と決定的に異なる点が幾つかあります。
1、今回は平日であること
2、午前中、しかも営業開始時間前であること

よって、バスは10分ほどで到着し、車内も混雑していませんでした。
しかし、周りをよく見ると乗っているのは、客というより従業員…。IKEAの送迎バスは、IKEAより先に、巨大モールのメガバンナー前に止まるのですが、化粧品売り場っぽい制服を着ている人や、飲食店っぽい制服を着ている人、携帯ショップの店員っぽい人たち(携帯会社の名前が入ったシャツを着ていたし)が座っており、案の定、その方々はメガバンナーで降りると、社員証(入館証?)を片手に建物の中へ消えていきました。
送迎バスの座席の大半を従業員が占めるって、アリ?しかもIKEAの従業員でもなさそうだし。
それでも、ここはマイペンライの国。そんな小さなことは、どうでもいいようです。

IKEAのオープンまで、あと20分ほどあったので、道路を挟んで奥に見えるTescoへ行ってみることにしました。私が住む部屋の近くにもTescoはあるのですが、Tescoブランド(PB商品)の洗濯用洗剤がずっと品切れになっていたので、ここで購入しようと思います。洗剤に対して確固たる信念やこだわりがあるわけではありません。しかしTescoのPB商品は安くて、しかもパッケージがオシャレなので、丸見えの場所に置いても、しみったれた印象になりません。
2015073115252200
TescoのPB商品の一例。左上から時計まわりに、箱ティッシュ、住居用洗剤(漂白剤っぽい)、洗濯用洗剤、食器用洗剤、パウダー、ハンドソープ、ポケットティッシュ。他の企業のものよりも1割~5割くらい安いです。

朝食と昼食を兼ねて、IKEAで60バーツ(240円)のコンボセットを購入。ホットドックとフライドポテト(頼みもしないのにマヨ山盛り)に、おかわり自由のドリンクが付いて、この価格はお得です。新横浜、南船橋、三郷のIKEAにはポテトがなかったので驚きです。もしかしたら今はあるのでしょうか…。
2015073115322000

食後に7バーツ(約28円)のソフトクリームもペロリンチョ。毎日食べたいほど美味しいソフトクリームに感激した後に、ベッドの横に置く棚を2つ購入し、無事に帰宅しました。(2つで約8,000円)

自宅へ荷物を置いてから、今日こそは髪を切ろうと覚悟を決めました。悩みどころです。日本人が経営している床屋はカットだけでも600バーツ、カラーリングは1,000バーツ。日本でカラー&カットをしてもらうなら、妥当な金額だと思います。カラー剤も日本の製品を使っているでしょうし、製品そのものの価格だって高いから、仕方のない金額だということは理解しているつもりです。しかし、いかんせん私の予算では難しく、結局ローカルのところで髪を切ろうと決めました。そうと決めたら、高いところでも安いところでも同じです。どうせニュアンスが伝わらないのですから。

足を運んだ先は、100バーツ(約400円)でカットだけをしてくれる床屋。日本の1,000円カットみたいなところです。
「サイドは短く、トップと前髪は長めに残す」
「全体的に、軽くする(梳く)」
いきなり日本語をタイ語に翻訳すると、Google先生の翻訳がとんでもないことになっていても気が付かないので、まずは日本語を英語に訳し、その英語をタイ語に翻訳し、スマホのメモ帳にコピペして店員さんに見せました。
画面を凝視すること3秒、「OK!」と元気良く女性店員。

席に座るとメガネを外すように言われたため、指示通りに外しましたが、そうなると0.01の視力では何も見えません。目隠しをされている状態とさほど変わらず、どのような工程で何が行われているのか分からぬまま、ただバリカンの音とハサミの音だけに耳を傾け約10分。メガネをかけて鏡を見ると、そこには紛れもない中年のタイ人が映っていました。
サワディークラップ、コップンクラーップ。

全体的に真四角で「トップと前髪は長めに残す」の部分は無視された模様です。青々とした刈り上げと、忽然と姿を消してしまった、私のもみあげ。どんなに泣いてもどんなに喚いても、消えたものが戻るわけもなく、無気力にヘラリと微笑み、その場を後にしました。

カラーリングは自力で。
カラーリング剤は日本のように安いものから高いもので幅広く、最安の商品は40バーツ(約160円)くらいでした。日本のカラーリング剤もたくさん売っています。買うだけ買って、染めるのは後日にしました。

夕飯はTescoのフードコートで40バーツの麺料理。辛くもないし、酸っぱくもない。優しい味で満足でした。
2015073115551600

買い物の疲れと床屋での精神的ショックもあって、この日は22時に就寝しました。

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★──────────────────────────────────

コメント

  1. しおり より:

    カプ雄さん早速のお返事ありがとうございます(^∇^)
    私はカプ雄さんよりも恐らくは一回りは上だと思われるオバサンです。
    若い女性でなくてゴメンなさいね(^_^;)
    将来、定年後に主人と海外移住することを夢見ています。
    まぁ二十年先の話しですが^_^;
    カプ雄さんのブログを主人と笑い転げて読ませて頂きました。

    髪の毛はまた伸びますよ(ゝω・)
    これからも楽しい記事を読ませて頂きますね!
    お勉強も頑張って下さい。

    1. サワディーカプ雄 より:

      しおりさん

      サワディークラップ!カプ雄です。お返事ありがとうございます。
      「大人の女性に年はないの」とカプ母がいつも言っておりますので、年齢に関してはモウマンターイ!!です。
      でも本当に最近、学校で10代の子と話す機会が多いのですが、良い意味も含めて「あ!まだ経験値がこのくらいなんだ!」と思うことがあります。

      将来、海外移住を目標とされているのですね!!
      日本の年金を受給しながら暮らしている方はタイにも多いですし、一昨日も私が住んでいるマンションに日本人のご夫婦が入居され、話を聞くと(一方的に話し掛けられただけですが…)、やはり年金を受給しながらタイで暮らし始めようと来られたようで、スーパーの場所を聞かれました。
      「うそでしょ、目の前にでっかいのあるじゃん!」と思ったのですが、そこは柔らかく教えておきました…。

      髪の毛、伸びて来ました!!真四角に!!
      学校でももう「変な髪型の人」ってイメージを持たれているだろうし、道行くタイ人からは「タイの人」だと思われているし、日本に一時帰国をする予定でもない限り、また今度もそこでいいかな~と思ってきました。それも慣れですかね??
      れでは、今日はテストがあるので、勉強に入ります。コメントありがとうございました!!

      1. しおり より:

        カプ雄さん、こんばんは(^∇^)
        久し振りにタブレットを開いてみたらお返事がΣ(・ω・ノ)ノ
        何だオバサンかよ、とスルーされると思ってました(^_^;)
        ありがとうございます。そのように言って頂いて嬉しいです。
        若い子には若い子の良さがありますけどね(^-^)

        そうなんですねー。同じマンションに年金受給者のご夫婦が!!
        羨ましいー(*’▽’*)
        ていうか、スーパーの下り笑いました(笑)
        ヘアースタイル、それでいいですよー(^-^)
        散髪屋さんも安いんなら。
        これからも移住に関して色々とお勉強させて下さいね!!

        1. サワディーカプ雄 より:

          しおりさま

          こんばんは。カプ雄です。本名でもないのに、いちいち「雄」を変換するのが面倒ったらありゃしない!!しおりさんみたく平仮名で「かぷお」にすれば良かったと後悔しっぱなしの夜を過ごしております。
          観光だと繁華街をウロウロされると思いますが、オンヌットまで来ると夜9時には、もう静かですよ…。

          スルーだなんて!!とんでもない!!
          タブレットまで持っているヤング姐さんを放っておくわけないじゃないですか!!そして、その御夫婦なんですが、それっきり見かけておりません(笑)死臭はしなかったから、まだご存命だと思うのですが…。
          でも、本当にバンコクには日本人が多いです。在留届を出している人だけで10万人以上もいるので、日本のちょっとした都市より日本人が多いですよね…。

          今日は学校帰りに、日系のラーメン屋に行って来て、タイ人の店員に「いらっしゃいませ。お客様ご来店でーす」「ありがとうございます。お客様お帰りでーす」って流暢に言われて驚きました。BGMはドリカムのベストだったし、その後に日本の中古本屋や日本人経営のパン屋にも行ったので、時折、日本にいるような錯覚に陥ります。エリアによっては日本語しか話せなくても、あまり不便はしないのでしょうね…。
          ちなみに私が暮らしているオンヌットでは、ほぼタイ語しか通じないので、しばらく暮らしていると高倉健ちゃんばりの無口になります。不器用ですから。

          床屋さんに関しても、さすがにしおり姐(馴れ馴れしい)は、オナゴゆえに真四角の髪型(文太スタイル)になるわけには行かないと思いますが、旦那さまなら大丈夫なはず◎
          結局、心配しなくても、すぐ伸びますから!!

          それでは、これからもよろしくお願いします!返コメ、ありがとうございました。

Comments are closed.

ページの先頭へもどる