【タイ移住135日目~タイ移住141日目】タイからラオス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディーカップ。
バンコク在住のサワディーカプ雄、38歳でーす。

諸先輩方は38歳を若いと言います。でもヤング達は38歳を若くはないと言います。
これからの人生を考えると間違いなく今が一番若いのですが、これまでの人生を振り返ると間違いなく今が一番老いており、この先のことは分からずとも、これまでのことは分かっているので、事あるごとに老いを痛感してしまいます。例えば私は、このブログを書き終えた後、一通り声に出して読み返すのですが、なかなか口が回らずにうまく読めなくなりました。脳で認識した文字を声にするまでに、若干の時差が生じるようになったのでしょう。

私より少し年上の友人も似たような症状があるようです。
先日、プロンポンにあるスーパーまで一緒に行った際「それ取って」と言われ、白と黄色があったので「どっち?」と尋ねると「しいろ」と返って来ました。なんだか二人揃って悲しくなり、帰り道に早口言葉を復唱しました。

東京特許許可局。東京特許許可局許可局長今日急遽許可却下。
エベレストケベレストヘベレケレスト。エリザベスエロザベスドスケベザマス。
赤巻紙青巻紙黄巻紙。巻き舌巻き糞マイク真木。マイク真木ポール牧カルーセル麻紀。

タイ移住135日目。
「カプ雄さん、聞いておくれやすー」
このブログではお馴染みとなった京都人(きょうとびと)の登場です。予備知識として記しておきますが、彼はマラソンが趣味で何度かフルマラソンを完走しているだけではなく、日頃から早朝に公園を走るなどトレーニングを日課としています。

「例えるなら競走馬を育成するゲームみたいなものどす」
彼はフルマラソンへ向けたトレーニングをそう語っていました。フルマラソン当日から逆算して、何ヶ月前にはハーフマラソンを走り、そのタイムを参考にしてフルマラソンの予測タイムを算出し、目標タイムを設定します。また、ハーフマラソンの前には10キロマラソンに参加し、ハーフマラソンの目標タイムを設定するなど、全てが緻密な逆算で計画され、現在は4月にチェンマイで開かれるフルマラソンを目標にしているとのことです。

「それで、(11月)15日にハーフマラソンがあったんどすー」
フルマラソンへ向けた長い計画もさることながら、約21.1キロのハーフマラソンの最中でも綿密な作戦は立てられており、最初の何キロは何分、次の何キロは何分、そして何キロを過ぎてからラストスパート、と予め目標を決めておくそうです。
「へー。あれ待って。たしか、そのハーフマラソンってヤフーニュースに載っていたような…。本来は21.1キロなのに主催者のミスで27.6キロもあったやつじゃない?」
「よう知ってはりますなあー。それどすえ」

11月15日、タイで開催されたスタンダード・チャータード・バンコク・マラソンは、史跡の多いバンコク中心部を走り抜けることが人気で、また、国際基準を満たしているため、海外からも多くのランナーが訪れます。
京都人が異変に気付いたのは、折り返し地点を過ぎる頃でした。
予定通りのスピードで走っているはずなのに、手元の時計と走った距離が合いません。しかし、正式な国際大会である以上、間違っているはずがなく、自分の計算を疑いながら走り続けました。
そして、残り5キロに差し掛かった頃、最後の力を振り絞り、ラストスパート。この時はまだ、残り11.5キロもあるとは知る由もありませんでした。
「脚がパンパン!パンパンや、パンパン!パンパン!」
何回パンパンを言うんだろ…と思いつつも、ラストスパートを仕掛けた後の11.5キロを想像すると笑えます。走っても走ってもゴールが見えず、それは例えるなら競走馬を育成するゲームではなく人生そのものです。

後日、主催者からコメントがありました。
「折り返し地点の場所が間違っていたため、コースが約6キロ長くなってしまった。不手際を認めて謝罪する。職員は一生懸命だったが混乱があった」
職員は一生懸命だったって、何その理由。しかも、たぶんだけど一生懸命じゃないよ…。タイ人って、本当に見ていないところで手を抜く人が多いからね。

IMG_20151118_172913 (1)
この日、京菓子を頂きました。おいしおした。おおきに!!

タイ移住137日目。
夜、知人とピザ屋に行きました。
遅めのランチを食べたばかりだったので、あまり食欲はなかったのですが、メニューを眺めていると、いろいろなものを少しずつ食べたくなって、ピザ・パスタ・ガーリックトースト・アペタイザーのボリュームたっぷりのセット(3~4人前)を注文することにしました。
「ピザやパスタは決められているのかな?」と知人。
「そんなわけなかろう。後ろから選ぶに決まってろう」とメニュー表を裏返す私。
裏にはピザ・パスタ・アペタイザー・ドリンクの各メニューが掲載されていたので、ピザはマルゲリータ、パスタはシーフード、アペタイザーはフライドポテトに決め、飲み物も注文しました。

待つこと15分、心から仰天です。
まずマルゲリータ、そしてシーフードパスタ、さらにフライドポテトとライムソーダがテーブルに並び「3~4人前って結構多いね。これにガーリックトーストもあるなんて、完食できる自信がない」なんて言っていたら、店員がそれら全てをテーブルの端に移動させ、中央にソーセージピザ、トマトパスタ、ガーリックトースト、フライドチキンを置きました。

トコロさんじゃないけれど、目が点ですよ、奥さん!!
どうやらセットの内容は予め決まっていて、私たちは別途、追加注文をしてしまったようです。テーブルの上が帰れま10状態で、周りのタイ人もこちらのテーブルを凝視しています。そりゃそうだろ、どう見ても2人なのにテーブルには8人前あるもの。
「これ、どうする?」
「残したら持ち帰りにできるだろうか?」
よりによって炭水化物ばかりでゲンナリしましたが、意外にも苦戦することなく完食し、元・ぽっちゃりボーイの高いポテンシャルを再認識しました。どんなに痩せても胃はジャンボ鶴田。

タイ移住138日目。
チットロムにあるセントラルデパートに行くと、世界の物産展らしきものが開催されていました。
日本でも物産展と言えば私、私と言えば物産展と言われるほど(言われねーよ)、物産展をこよなく愛していますが、イスラエルやイラン、バングラディッシュのブースを見るのは初めてでした。さらに私の心を鷲掴みにした「シリア」の看板。シリアって、あのシリアだよね…。タイの物産展に参加している場合じゃないと思うんだけど。
しかし、シリアにはどんな食べ物があって、どんな名産品があるのか、好奇心が湧き上がります。

そうねー。ガラクタにしか見えない金物ばかりが並んでいたのよねー。そりゃ湧き上がったばかりの好奇心も10秒で消え去るわねー。ゆーよねー。ゆーてもーたよねー。

メキシコのブースでトルティーヤチップスとサルサソースを、ポーランドのブースでオートフレークを購入し、この日は大満足で帰宅です。ちなみに日本のブースではポッキーなどのスナック菓子を販売しており、そんなのタイのスーパーでも売っているだろうに!!と少し残念な気持ちになりました。ここは香川名物の「しょうゆ豆」あたりを置いて世界の人をぎゃふんと言わせて欲しいものです。

タイ移住141日目。
ビザの関係でラオスへ出国しました。
首都・ビエンチャンにあるワットタイ空港について「どんな感じ?」と行ったことのある人に尋ねたところ「山口の宇部空港みたいな感じ」と、とんでもなく分かりやすい説明を頂きました。

バンコクからラオスのビエンチャンまではバスも出ているし、タイとラオスの国境付近にあるウドンタニ空港(タイ側にある)までLCCも飛んでおり、そこから陸路でラオスへ入国することもできます。
しかし、今回はワケあって空路でタイを出国したかったので、バンコクエアウェイズを利用してビエンチャンにあるワットタイ国際空港まで行きました。(往復25,549円)

1時間10分と短いフライト時間ですが、機内食もドリンクサービスもあるので、スチ子だけではなく乗客も慌ただしい時間を送るハメになります。離陸してすぐに餌付け⇒それが終わると珈琲⇒片付けてすぐに入国用紙が配布され⇒書いているうちにテーブルを元の位置に戻せと指示⇒書き終わる頃に着陸…。こんなにバタバタするなら餌なんて出さなきゃいいのに!!

宇部空港、もといワットタイ国際空港からタクシーを利用する場合は出入口のすぐ横にあるタクシーカウンターで手続きをします。予め料金は決まっているので、ぼられる心配はありません。ちなみにタク代はバンコクより高く、空港からタクシーで20分くらいにあるホテルなのに、66,000キープ(約994円)でした。

今回、私が宿泊するホテルはタイ領事館の斜め前にあります。予約をした当初はタイ領事館で観光ビザを取得する予定でしたが、予定が変わったため、ここに泊まるメリットは何もなく、しかし無料でキャンセルできる期間も過ぎてしまっていたので、渋々ここに泊まります。

2015120219563200

パッと見は綺麗です。でも、清掃が行き届いているわけでもなく、部屋には無数の蟻がいました。なんだかちょっとテンションが下がります。おまけに窓には格子が掛かっていて、刑務所感さえ漂います。
2015120219594300

到着早々、とりあえずwifiのチェックです。
3泊4日の間、特に予定もないので、部屋で仕事に没頭するつもりでいました。しかし、ネットに繋がることは繋がるのですが、遅いどころかPCのサイトに至っては表示もされず、かろうじてLINEが出来るくらいです。イライラしながら1時間ほどアレコレ試したみたものの、諦めるしかなさそうです。

午後2時過ぎ。周辺を歩き回って、遅めのランチをしました。
2015120219581900

ラオス料理が分からないので、無難にチャーハンとアイスコーヒーです。
2015120219590100

2015120219584100

チャーハンが20,000キープ(約301円)、アイスコーヒーが12,000キープ(約180円)。安いってだけで機嫌もV字回復ですが、味もベリーグーで明日も明後日もここでいいじゃねーか!!とさえ思いました。

その後も少し散策しましたが、暑いし疲れたし、周りに何もなさそうだし、野良犬は多いし、ノラジョーンズは居ないし、おとなしく独房へ戻ることにしました。
腹が膨れたままだったので、夜は軽くお菓子にしようと帰り道に小さな商店へ寄ると、店番をしていたのは小学校高学年くらいの女子4人組。ここの家の子供でしょうか。似た顔をしています。子供が店番をしている風景が懐かしく、ほのぼのとした気持ちになりながら、水とジュースとポテチとバナナケーキを買って、22,000キープ(約331円)。
2015120219592600

ネットもできず、仕事もできず、テレビも良く分からず、ひたすら横になって過ごした夜でした。

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★───────────────────────

コメント

  1. イープン花子 より:

    こんにちは
    日本は今日から2、3日暖かい予報です( ˆ﹀ˆ )

    京助(京都のご友人)さん・・・凄いですね!完走されたんですよね。そんな5km距離の測り間違いって?50?500mじゃないんですよね?ばっかじゃなかろうか?のレベルの距離ですよね(笑)タイでのオリンピック開催は無さそうです。私がIOCの役員なら絶対に反対します( ´,_ゝ`)

    あと「しょうゆ豆」笑いました。私は豆類が苦手で・・・しょうゆ豆なんて苦手の極みです(;´Д`)あの匂いと舌触りがダメダメーーー!
    結構外国は豆料理が多かったりしますよね。豆、ジャガイモとか、私は日本人で良かったです(笑)

    1. サワディーカプ雄 より:

      イープン花子さま

      サワディーカップ。いつもコメントありがとうございます。ただでさえ閲覧数が少ないので、これでコメントがなかったら打ち切りになるわ、このブログ…。だから毎回コメントをくださって本当に感謝しております。ありがたやありがたや!
      たしか以前に、花子さまは大阪だとおっしゃってましたよね。調べてみたら、ビックリ!明後日なんて最高気温が20度を超えているじゃないですか!!岩手の実家でさえ、最低気温は-6度だけど最高気温が9度もあり、数字だけで判断すると暖かい冬になりそうですね…。バンコクは今日が32度、明日が34度ですが、季節で言うと冬らしいです。何、冬って…。知らないで使っているんでしょうか、その言葉。

      京助ドンは完走したけれどプンスカでしたよ。パンパンパンパンパンパン……って。
      きっちりと計画を立てて色々と挑みたい方ゆえに、やっぱり疑心暗鬼になるみたいで「次のレースも距離が間違っていたら…」と思ってしまうんでしょうね。
      タイでオリンピックなんて、とんでもない!!
      だってBTS(電車)の線路や道とか、完成間近なのに中断しているところが多く、その理由が「作っている最中に予算がなくなったから」なんですm(_ _)m 
      日本じゃ、その理由じゃ中断しねーだろ!!そもそも、完全に予算が間に合うって断定できてから工事すんだろ!!って。で、そのまま放置です。なのに、そこを完成させる前に新しい別の所の工事に着手しちゃう、みたいな。まず作りかけを作ってからやれよ!!
      だからオリンピックが開催されたとしても、競技場も選手村も作りかけで放置されることになると思います。悪意がないからこそ厄介なこともあるのね☆

      「しょうゆ豆」ご存知とは!!
      私は数年前に友人のよっこさんから、にしきやの「しょうゆ豆」を送ってもらって、それからドドドハマリです!!通販で購入することはもちろん、去年は香川の金刀比羅宮にまで行き、いろんな種類の「しょうゆ豆」を買いました。ピリ辛とか味のバラエティーも豊富で、あと「しょうゆ豆ケーキ」なんてものもあるんです。
      花子さまのように豆類が苦手な方にとっては、たしかに地獄絵図みたいな食べ物でしょうけれど、豆が好き!醤油が好き!うれしい!楽しい!大好き!って人にしたら、もう見るだけで女子になっちゃいます♥キャーって言っちゃう♥

      日本のものなら、だいたい何でも手に入るタイですが、「しょうゆ豆」は置いていないので、是非、取り扱って欲しいものです!

Comments are closed.

ページの先頭へもどる