【タイ移住9日目】タイから日本へのEMS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディーカップ。
サバイディーマイ?もう8月だなんて、あっという間ですね。光陰矢の如し・歳月人を待たず・満月人を狂わす、そのことを肝に銘じて今月も乗り切ろうと思っているサワディーカプ雄です。

この日の朝は9時に起き、国際郵便のラベルへ記載をしていました。ここの住所に送ってー!と連絡1本で済むような家族を私は持っていません。英語に触れ合うことなんて過去に一度もなかった両親と、新婚旅行で行ったハワイのレストランで肉の焼き方を答えられず「普通に、普通に、普通普通普通普通」と連呼するような弟夫婦です。小学生の甥に頼んだ方が早そうですが、彼も彼で忙しく、結局、全てのラベルを自分で記入して日本へ送り、ラベルが日本へ届いたら、それを段ボールに貼って、郵便局まで持って行ってもらうことにしました。

日本から持参した国際郵便の3枚のラベルに宛名を書く事は数分で終わりますが、いかんせん大変なのがインボイス(もしくは税関告知書)。EMSでも航空便でもSAL便でも船便でも、中身をすべて記入しなければなりません。記入は英語かフランス語、もしくは届け先の言語(この場合はタイ語)になり、段ボールごとに何がいくつ入っているか?と、それぞれの重さ、それぞれの価格などを記入していきます。

あらかじめ、段ボールごとの中身と合計の重さはメモしていました。
例えば、ある段ボールには、タンクトップが39枚、Tシャツが21枚、ハーフパンツが10枚、コインケースが1つが入っています。段ボールなどの箱は開けられることもあり、インボイスと中身が合っていないと呼び出されることもあるそうです。しかし、段ボールごとの重さまではメモっていても、タンクトップやTシャツがそれぞれが何グラムか?までは、さすがに測っておらず、適当にタンクトップを1枚500グラムにすると、コインケースが3キロもあることになり、帳尻合わせが大変でした。

また、それぞれの価格も記入するのですが、高価になると関税が課されるので、自分の私物であり、さらには自分で使うものだから、購入時の価格で書く必要はないと判断し、なるべく安い金額を書き、Personal Useの文字も添えました。
(しかし、数週間後に届いた荷物は、段ボール1つにつき、約16,000円の関税が課せられ、強いショックと憤りを覚え、二度と荷物は送らないと固い決心をしました)

SAL便へのチェックも済ませ、記入がすべて終わったら、今度はそれをTesco・Lotus(大きいスーパー)へ持って行きます。オンヌットのTesco・Lotus(以下テス子)では、駅直結の入口部分にオフィスなんちゃら?だったか、メールなんちゃら?だったか、とにかく郵便やらコピーやらを承ってくれる場所があります。普通郵便で送っても良かったのですが、持参していた荷物には洋服が少なく、同じタンクトップばかり着続けていたので(しかも洗濯機がないから洗っていないのー♥)、一番早く日本へ届くEMSで、伝票を送りました。たかだか伝票を送るだけで、まさかの680バーツ(約2,720円)。両親や弟がもう少しだけでもアルファベットに抵抗のない人物だったら、こんな無駄な出費はなかったのに…。でも仕方ありません。これも自分で選んだ道です。
※EMS(書類扱いのモノ)は日本からタイへ送ると1,100円ですが、タイから日本へ送ると約2,720円になるので、倍以上の金額になります。

結構な金を使っちゃったなー、カルビでも落ちていないかなー。
トボトボと歩いている私の視界に飛び込んできたのは、アイスクリーム屋。こんなタイミングでズルか~!こすか~!とか言いながら、ワンスクープで50バーツ(約200円)のメロンアイスをサワディーカップ。うまい…高い…うまい…高い…うまい…高い…うまかよーーーー!!
タイに来てから早9日、一番おいしい食べ物でした。
2015072921010400
食べかけでごめんなさいね。

どんなに美味しい食べ物だろうと、アイスに50バーツも使ってしまった贅沢気質な自分に落ち込みながら自宅へ戻り、何気なくメールを開きました。
ここからは少しタイ移住とは関係のない話になりますが、少しだけお付き合い下さい。

会社の雇用主 兼 取締役 兼 上司。簡単に言うと、お友達のヒサッシーからのメールに笑い転げました。ヒサッシーったら「僕もタッチーと旅行に行った時、無駄な回数券を買われて(損失は恐らく200円くらい)、しばらく口きかなかったですからねw」だって!!
ここで登場するタッチーとは、雇用主 兼 取締役 兼 上司で簡単に言うと、お友達です。この2人、すごく仲は良いのですが、こういうわりとどうでもいいことで揉める傾向があり、この時の様子もまた目に見えるように浮かび、しばらくこのメールで笑い続けました。この日以降も、私は立ち直れなそうほど嫌な気持ちになった日や、ストレスやイライラが募った日は、このメールを読むようにしています。あの2人の不機嫌そうな表情で元気になれるんです。

ひと仕事を終えた後、また買い物のためにテス子へと行きました。一度に買ってくれば良いものの、下にコンビニ、向かいにテス子、そんな生ぬるい環境のせいで、日に何度も出かけています。そのスーパーでコロンブスを上回る大発見をしてしまいました。9バーツ(約36円)の弁当です。
20370

かきあげ丼に見えますが、タマゴは使ってあるらしく、タイオムレツと書いています。マンションの下にあるコンビニにも、同じようなものがありますが、そちらは20バーツ(約80円)。もちろん、コンビニの方が美味しいですが、9バーツという魅力の前には、味の優劣など霞んでしまい、しばらくこの9バーツオムレツを食べて過ごそうと決めました。

夜、近くに健全なマッサージ通りがあるので入ってみました。観光地エリアや日本人が多いエリアでは、1時間あたり250バーツ~350バーツのお店が多いですが、このマッサージ通りでは、ほぼ全店、フットマッサージもタイマッサージも1時間150バーツ(約600円)で統一されています。どうやら周囲のお店で価格を同じにしようと決めているようです。無駄な価格競争なんて、ごめんですもんね。タイに来てから9日目にして初めてのマッサージ。なんだか気持ち良くて、まるで旅行者みたいです。

この日、初めてと言っても過言ではないくらい何も起こらない平穏な一日でした。忘れるまでは、大切な記念日にしたいと思います。

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★──────────────────────────────────

コメント

  1. SOl雄 より:

    かぷ雄さま
    これメロンアイス???(ノ-o-)ノ┫
    マンゴーじゃなく??…
    本当にメロンでした???

    8(*^^*)8 SOl

    1. サワディーカプ雄 より:

      SOI雄さま

      サワディー!これ、メロンアイスです。
      食べたのだから間違いありません!!美味でござったよ!
      タイに来た時には、是非お試し下さい。お店は、アメリカ発祥の「Swensen’s」で、タイの至るところにあります!

Comments are closed.

ページの先頭へもどる