【カナダ移住体験談:もうすぐイースター】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎年カナダでは、春にイースター(復活祭)のイベントがあります。年によって3月の時と、4月の時があるのですが、イースターの週末は金曜日と月曜日が休日で、4連休になります。教会では、キリストの復活をお祝いするイースターのイベントもあります。

イースターは、1年の中で子供たちにとって楽しみなイベントのひとつで、イースターエッグと呼ばれるチョコレートがもらえます。北米の子供たちはクリスマス、イースター、ハロウィーンなど、年間を通して甘いものを貰える機会が多いのが印象的です。

イースターの週末には、あちこちの街でイースターエッグハンティングと呼ばれるイベントも開催されます。このイベントは、街や主催者によっても異なってきますが、子供向けのゲームやトランポリンなどが集まり、ゲームなどを楽しみます。また、メインのイースターエッグハンティングでは、卵の形をしたプラスチックをバスケットにいれ、卵の中に入っているキャンディーをもらうことができるというものです。

イースターの楽しみはイベントだけでなく、多くの家庭での楽しまれます。子供のいる家では、イースター日は、子供たちが寝ている間にイースターバニーがやってきて、チョコレートなどを置いて行ってくれるのです。うさぎの形やひよこの形のチョコレートなど、様々なものがありますが、キンダーエッグという卵の形をしたチョコレートは特に有名です。

キンダーエッグは、卵の形をしたチョコレートで、チョコレートを食べると中から小さなおもちゃが出てくるというものです。実際に食べてみるととにかく甘いのですが、子供たちはこのおもちゃを楽しみにチョコレートを食べます。

家庭によっては、イースターの週末には家族で集まって、ターキーを食べるところもあるようです。

イースター卵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる