カナダでの貧富の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カナダは、日本に比べると貧富の差がある国です。ただし、カナダはお金を稼いでいる人から沢山税金を取る仕組みになっているので、極端に激しく貧富の差が分かれてしまうことはありませんが、それでもやはり、日本に比べると貧富の差がはっきりとしています。

そして、カナダでは生活に困っている人をサポートするためのシステムが整っています。例えば、低所得者は、家賃の一部を補助してもらえるRental assistanceや、保育補助Subsidyを受け取ることができたり、さらには、Foodbankから定期的に必要な食料を無料にて受け取ることもできます。また、ガバメントが提供するサポートに限らず、地域によっては、地域の人がまとまって助けが必要な家族をサポートするためのコミュニティが整っているところもあります。こういったコミュニティでは、同じ地域に住む母親として、困っているお母さんを助けるためにDonationしたり、Tradingをして助け合っています。こういったコミュニティは、助けてもらうだけでなく、心温かく迎え入れられてとても心温まる人が沢山集まっています。

また、Womens shelterでは、突然の出来事で行くところがなくなってしまった女性や母親(親子)を助けるためのシステムが整っており、緊急の場合でも丁寧にサポートしてくれます。ここでは、一時的に住む場所を提供してもらったり、必要な食べ物や洋服などを受け取ることができたりします。そして相談をしながら自分で新たに生活していくための第一歩を踏み出すことができるのです。

DT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる