カナダの春はスタートの季節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本の新学期が4月なのに対して、カナダの新学期は9月になります。それでも、カナダでも日本と同じように、春は「スタートの季節」であることが多いのです。

カナダには、毎年多くの観光客や学生がやってきます。その多くが春から秋にかけてやってきて、冬のカナダは雪に埋もれてとても静かになります。そんなことから、カナダでは、春から秋の仕事が多く、冬になると求人もがくんと減ってしまうのです。

求人が増えるこの季節は、あちこちで求人のサインが出ており、どこもにぎわいます。そして、観光客も増え、学生も季節が暖かくなるこの春からカナダにやってくる人も多いのです。4月は、ちょうど春休みが終わり、新学期が始まる時なので、学校に転入するにもちょうど良い時期だったりもします。

家さがしも、春から夏にする人が多くいます。というのは、引っ越しをするなら夏休みの間にしてしまい、9月から新学期と共に新しい生活をスタートする、という人も多くいるのです。そんなことから、家の売買や、賃貸の数も、春になると急に数が増えます。場所によっては家賃も夏になると上がるという場所があります。

日本でも桜の花が咲いて、新しい仕事や学校が始まるこの季節ですが、カナダでも桜が咲いて、新しい生活を始める人が多くいるのです。

桜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる