シュガーをコントロールする家庭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カナダでは、子供のシュガーをコントロールする家庭が多くあります。

まず、シュガーとは、子供が食べるお菓子やグミ、チョコレートなどに入っている糖分のことをシュガーと言っており、カナダで”Sugar”と聞くと、いわゆる砂糖ではなく、甘~いお菓子のことを指します。甘いお菓子に含まれている砂糖の多くは白砂糖。。白砂糖は、血糖値を急激に挙げたあげくに、エネルギーが切れると急激に切れるので、子供にシュガーを与えると、子供が急激に興奮して止められなくなるというように考えられています。そんなことから、子供にあたえる「シュガー」をコントロールする家庭が多いのです。

その割には、カナダではイースターやハロウィン、クリスマスなど、ありえないほどのキャンディー(つまり、シュガー)がやたらと登場するなあとは思っているのですが。気を付けている家庭では、おやつはきゅうりやにんじん、クラッカーなどのヘルシーなものであることもあります。

シュガーの力は、多くの家庭では子供が興奮するということから避けられていますが、お昼寝をしなかった子供が夕食の準備の時間に寝てしまいそうになった瞬間などに、ちょっとの「シュガー」を与えると、夕食の時間まで眠ってしまうことなく持ちこたえることもあります笑。シュガーも使い方次第ですね。

甘いものはダイエットの敵でもありますが、時には必要なエネルギーだったりもするのです。

ちなみに、シュガーの中でも、ブラウンシュガーやはちみつ、メープルシロップなどはヘルシーなシュガーとして、料理やお菓子作りに使う人も多いようです。

sugar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる