【カナダ移住体験談】カナダのワイナリーツアー

オカナガンエリアのワイナリーツアー

カナダの夏の楽しみのひとつが、ワイナリーツアーです。先週末は、友達と一緒にカナダBC州、オカナガンエリアのワイナリーツアーに行ってきました。ワイナリーツアーは、ローカルのワイナリーツアー会社を利用していくこともできますが、自家用車やレンタカーなどがあれば、自分たちで興味のあるワイナリーをピックアップして行くこともできます。

ツアー会社を利用してワイナリーに行けば、ワイナリーを訪れるだけでなく、現地の歴史や特徴、見どころなどの説明もしてもらうことができるというメリットがあります。

しかし、実際にワイナリーに行くと、そのワイナリーの歴史やワインの特徴、どのようにしてワインが作られるのか、ワインの名前の由来など、テイスティングの際にスタッフが説明してくれます。ワイナリーでは、全て英語になるので、英語がわからない場合は、ツアーを利用したり、通訳してくれる人を連れて行くと、より楽しむことができるかもしれません。

今回行ってきたワイナリーは、ケロウナ、サマーランド、そしてペンティクトンにあるワイナリーです。どの町も、オカンガンレイクの周辺にある町で、数多くのワイナリーがあります。訪れたワイナリーの中でもお勧めのワイナリーを紹介していきます。

Dirty Launndry

サマーランドという小さな街にあるワイナリーで、オカナガンにあるワイナリーの中でも比較的有名なワイナリーです。オカナガンエリアに住んでいる人であれば、知らない人はいないといっても大げさではありません。

Dirty Laundryに行くと、ワインを作るための機械だけでなく、博物館にあるような、手動の洗濯機などが展示されています。ワイナリーの名前の由来は、昔はワイナリ―ではなく、洗濯屋だったのだそうです。洗濯屋とそして娼婦のお店でもあったそうです。そのため、Dirty Laundryには、セクシーな下着も、洗濯ものとして施設内に展示されています。

ちょっとした軽食もあるので、ワイナリーに寄ったついでにランチやスナックを楽しむこともできます。

La Elephant

ペンティクトンの近く、Naramataというエリアにあるワイナリーで、ファームに囲まれた、のどかなワイナリーです。木造の建物が可愛らしく、駐車場はオーチャードの木と木の間に車を停めるシステムになっています。

そのため、真夏のワイナリーツアーは、ワイナリーを訪れている間に車が熱くなってしまうという悩みがあるのですが、La Elephntの駐車場は木陰にあるので、車にもどってからもそれほど暑くなく、快適にワイナリーツアーを楽しむことができます。

La Elephantでおすすめなのは、ポートワインです。ポートワインは、デザートワインやアイスワインのような甘いタイプのワインなのですが、アイスワインやデザートワインよりも、より味が濃いのが特徴です。

ワインのテイスティングは、テーブルに座ってできるので、友達とのおしゃべりを楽しみながらワインを味見することができます。

テーブルがあるエリアには、クレヨンや紙、ぬいぐるみなどのある、子どもの遊びエリアもあるので、子連れの人でもワインを楽しむことができるワイナリーです。

Vibrant Vine Winery

ワインだけでなく、エンターテイメントも楽しみたい!という人にお勧めなのが、Vibrant Vine Wineryです。

ゴルフコースの上の丘にあるワイナリーで、家族が経営している小さなワイナリーです。他のワイナリーに比べると、ちょっとカジュアルな雰囲気もあり、夏には午後にライブなども行っています。

ワイナリーの特徴は、ワインだけでなく、ボトルのデザインが3Dになっていることです。ワイナリーに入ると、まず最初に3Dサングラスを渡されます。施設の中には、ワインのボトルだけでなく、壁に飾られている絵や様々なものに3Dのデザインが見られ、ワインのテイスティングをする前に、3Dアートを楽しむことができます。

ワインを買うだけでなく、絵本や絵はがき、シャツなど、3Dアートのアイテムを購入することもできます。

このワイナリーは、オーナーさんにふたりの息子がおり、一人はワインメーカー、そして、もうひとりはデザイナーなのだそうです。

ワインのカンパイ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です