インドネシアで仕事をしながら勉強もしたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※はじめに※
インドネシアは正式なワーキングホリデーの国際協定を結んでいないため、ここで言うワーキングホリデーとは「インターンで働くプログラム」のことを指します。
なお、ワーキングホリデーとは、1年間働きながら様々な目的での滞在が可能な国際協定制度で、1つの国ごとに1度だけ発給されることが認められている査証です。

バリ ホテル

ワーキングホリデーは、1年間仕事も勉強も、また観光までできてしまうビザで、費用を最小限に抑えて海外生活を体験できるビザで、多くの人から注目を集めています。しかし、ワーキングホリデービザに申請できるのは、国際協定を結んでいる国に限定されており、残念ながらインドネシアではワーキングホリーでビザを発給していません。

しかし、インドネシアは多くの観光客が集まることから、インターンシッププログラムを利用して観光業に就くことができます。インドネシアでは、ホテル業界のインターンシッププログラムが多くあり、最大のメリットには、プログラム終了後に正式に就職できる可能性もあるということになります。特にバリには、日本から多くの観光客が集まることから、日本語が話せるスタッフを必要としているのです。

インドネシアにインターンシップで行く場合のビザには、働くホテルがスポンサーとなってWorking Vizaを申請するか、もしくは、インターンシップビザを申請します。

宿泊先には、働き口がアパートを提供してくれたり、ホテル内のゲストルームが提供されることもあります。

必要なスキルは、明るく接客ができること、前向きであること、また、英語などの言語能力があるとさらに有利でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる