マレーシア留学に必要なビザ(学生ビザの申請)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

学生ビザを申請してマレーシアに留学すると、1年の滞在期間が与えられます。滞在期間を延長することも可能で、学生ビザは最大2年までとされています。また、マレーシアでは、就労許可も下りることから、仕事をして生活費を稼ぎながら学校に通うということも可能になります。ただし、学生ビザでの就労は、あくまでも生活のメインは学校であることから、最大週20時間までと決められています。

また、マレーシア留学は、学生ビザの申請が必要な場合と、不要な場合があったり、統一した基準が不透明な部分があります。その規則はパスポートを所持している規則によって異なるそうです。

マレーシアの学生ビザの規則が統一されていない原因のひとつには、学生によろうオーバーステイや不法就労、犯罪などの問題によります。こういった問題が多発すると、マレーシアの治安が悪くなることから、学生がトラブルを起こすと、学校によっては学生ビザを申請することが難しくなってしまったりなどのペナルティが起こるのです。

通常、ビザの申請というと、各国の大使館に申請をするのですが、マレーシア留学の場合には、大使館ではなくて学校を通してビザの申請手続きを行います。申請してからビザが下りるまでの期間は、マレーシアは非常にマイペースという噂もあるので、留学が決まったら早めに手続きをして、申請するようにしましょう。

マレーシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる