ニュージーランド ワーホリビザを申請しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1年間という限られた期間ですが、仕事もしながら勉強や観光もできるワーキングホリデー。ニュージーランドにも毎年多くの人がワーキングホリデーにてニュージーランドに渡航しています。

ニュージーランドのワーキングホリデービザの申請条件には、往復航空券を持っていること、生活費としておおよそ50万円を所持していること、健康で、過去にニュージーランドへのワーキングホリデービザを申請したことがない人となっています。1年間の間は、ニュージーランドから自由に出たり入ったりすることができるので、ビザの途中で隣国に旅行するということも可能なのです。また、ビザを受領する時の年齢が31歳の誕生日よりも前であることも必須条件となっています。

ニュージーランドのワーキングホリデーを取得すると、1年間は、自由に仕事を探したり働いたりできるほか、学校にも通うことができます。ただし、ワーキングホリデービザの場合は、学校に行くことができるのは6か月間までとされています。申請料金は日本国籍を持っている人は無料ですが、ニュージーランド国内から申請する場合には‘$165の費用がかかります。

ビザの申請方法は、オンラインで申請後、健康診断を受ける必要があります。

また、ワーキングホリデービザが終了した後は、就労ビザや学生ビザ、永住権への切り替えも可能となっています。

国内で3か月以上、園芸及び葡萄ファームでの季節労働をした場合には、3か月のワーキングホリデービザ延長も可能となっています。

NZファーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる