フィリピンでの仕事事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィリピンで仕事をしたい!けれど、フィリピンで仕事をするためには何が必要なのでしょうか?

フィリピンで仕事をするために、まず必要になるのがビザです。フィリピンで仕事をするためには、ワーキングパーミット(就労許可証)と就労ビザ、そしてACT(外国人登録証)が必要になります。

フィリピンでの就職状況は、実を言うとあまりよくないのが現状です。現地でも首を繰られている人が多くいることから、外国人がワーキングパーミットを取得するためには、現地の人にはない特殊なスキルを持っている必要があります。

日本語を使う仕事として、コールセンターなででの仕事もありますが、給料はあまりよくありません。コールセンターの仕事となると、月給8万前前後が平均なのですが、会社としては現地の人を採用する法がはるかに人件費を抑えることができるので、日本語を話せるだけでなく、会社にとってよほどメリットになるスキルを持っている必要があります。

また、コールセンター以外にも、マネージメントのような求人もあるようですがマネージメントの仕事に就くためには、コミュニケーションスキルや人を動かすスキルが必要になります。

また、ワーキングパーミットや終了許可証を申請するためには、申請料金も必要になります。採用先が大きな会社である時には、会社が負担してくれることもありますが、ほとんどの場合は申請料金は自己負担になります。

フィリピンでの給料は、日本で仕事をするよりも安いものになりますが、フィリピンでの生活費も日本に比べるとはるかに安くなるので、仕事をしながら現地で生活するのであれば、贅沢をしなければ、それなり生活をしていくことができるでしょう。

フィリピンオフィス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる