シンガポールで住居を購入するタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールでは、UDB融資により、国民の90%が持ち家に住んでいるほど、住居の所有率が高い国です。しかし、現在では、シンガポールでは不動産価格が上がっているため、かかる費用は東京都心の住宅よりも上回る場合もあります。そんなことから、投資を目的として住居を購入するのであれば、今の段階ではシンガポールの住居は控えておくのが無難です。

また、シンガポールの政府は印税紙にお金をかけていることから、日本人などの外国人が住宅を購入する場合には、印税氏だけで高額な金額になってしまいます。例えば、印税紙が18%の場合、1億円の物件を購入する場合、印税だけで1800万円も支払うことになるのです。住宅を手放す際にもまた費用がかかることから、シンガポールの住宅を購入して、そのあと売却するという方法はオススメできません。

投資以外の目的で住居を購入する場合でも、住宅の購入にはリスクがあるということを理解しておく必要があります。印税以外にも、住宅の購入には不動産仲介料などの費用も発生します。

シンガポールの家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる