シンガポール留学に必要なビザ(学生ビザの申請)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールは、英語だけでなく、中国語を勉強したいという人も留学先として選ばれている国です。英語はもちろんのこと、中国もビジネスで世界各国に進出していることから、英語と同時に中国語もできるとさらに就職先が広がっていくのです。

シンガポールに留学するためには、ビザが必要になります。留学に必要なビザは、留学する期間によって変わってきます。まず3か月以内の短期留学の場合は、PR,ワーキングホリデービザ、EP,PEP、S Pass、DP、Entre Passで滞在しながら勉強することができます。3か月以上学校に通う場合には、Student Passを申請する必要があります。ワーキングホリデービザがある場合は、ワーホリのビザで滞在しながら学校に通うこともできます。

申請方法は、出発前に在日シンガポール大使館にてビザの申請をするか、もしくは入国してからビザの申請をするという2つの方法があります。現地で申請する場合には、入国してからまず最初にSocial Visit Passを取得してから学生ビザの申請をします。

必要な書類は、パスポート、パスポートのコピー、申請書、入学許可書、最終学歴の卒業証書(英文)、健康診断書、保証金(帰国の際に返金される)、身元保証人(シンガポール国籍の人または永住権を持っている人)になります。

大使館で申請をする場合には、平日午前9時から12時までの間に手続きをします。申請料金として2260円かかります。

シンガポール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる