スペインでの住宅購入の手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スペインに移住する方法のひとつに、投資家がスペインの住宅を購入するという方法があります。また、移住目的だけでなくても、スペインで住宅を購入するという人もいるかもしれません。

スペインでの住宅購入は、順を追って進めていくことで、外国人でも住宅を購入することができます。住宅の購入が初めてという人でも安心して進めていくことができるように、ここではスペインでの住宅購入の手順を紹介していきます。

①欲しい住宅を決める。
住宅を購入するにあたり、まずは、市内での住宅か、郊外にある住宅を購入したいのかを決めます。また、ある程度の希望エリアが決まったら、中古物件にするか、新築物件にするかを決めます。こうして、実際の物件探しを始めることができるのです。

②住宅ローンを組む
住宅ローンは、住宅の購入にあたり、一括払いでない限りは必要となります。住宅ローンには、「変動金利ローン」と、「固定金利ローン」の2つから選ぶことができます。変動金利は、銀行の金利によって変わり、定期的に更新されるので、ローンを組んだ時と、10年後とでは支払う金利も変わってきます。うまく金利が下がれば良いのですが、急激に上がってしまうということもあるので注意が必要です。固定金利は25%が平均の金利となっていますが、金利が安定しているので安心でしょう。

住宅の購入でトラブルに巻き込まれないためにも、名義を確認することと、手続きが曖昧の場合は注意が必要です。

スペインの家

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ページの先頭へもどる