【タイ移住18日目】タイの語学スクールが苦痛でしかない件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディークラップ!
今日も鼻毛がコンニチハ。サワディーカプ雄です。大気汚染がひどいのでしょうか。気を抜くと「オハヨゴザマース」「コニチワ」「コバンワ」と鼻から凛々しい剛毛が顔を出してしまいます。もう、出たがりなんだからっ!

この日はタイ移住18日目。タイの語学スクールが苦痛でしかない日でした。ここ最近は慣れましたけどね。ま、慣れると言うより、どうでも良くなって来ました。

朝7時に起床し、シャワーを浴びて7時半。こんな朝早くから復習を開始します。宿題は前日のうちに終わらせていたのですが、私は復習をしないと遅れが広がるばかりです。正直なところ、カプ雄は幼い頃から今日に至るまで、勉強も運動も仕事も、ズバ抜けはしなくとも、そこそこ出来ていたため、性格以外で問題児のレッテルを貼られたり、人から見下される経験に乏しく、だからたった2日で「やめたろかしら」と思ったり「あいつ(鬼)が悪い」と思ったり、逆にとてつもなく自分を卑下したり、あの手この手で落ち込もうとするマインドが発動していたのでしょう。

ただ、性格の面では、ワガママだとか協調性がないだとか気分屋だとか、レッテルを貼られたことは多く(それはそれでどうなの!)、それに置き換えると「そっか。どうにもならないことだから仕方ないか」とやけに納得し、落ち込むことを中断しました。それでも、やっぱりタイ語のテキストを開くと溜め息ばかりが出て、タイ語のこともタイ人のことも嫌いになりそうな心境だったことに間違いはありません。

しかし、この日の朝はなぜか戦闘モード。あの鬼オンナに見下されるなんてまっぴらでごわす!!
威勢は良くても、いきなりタイ語を習得できるわけもなく、単語を調べるだけで手一杯。あっという間に時間は過ぎ、この日もとうとう完璧に復習を終えることができないまま、登校の時間になりました。

いつもの時間に授業が開始!と思いきや、この日は見慣れない日本人男性が座っていました。どうやら彼は入学希望者で、無料レッスン体験に来ていました。教室に入って来た鬼は、同じ人物とは思えないほどの笑顔です。そりゃそうだよねー、この授業を見て、一人の日本人が入学するか?しないか?が掛かっているんだから。授業もいつもとは比べ物にならないほどの超スローペース。しかも、今はこういうことを話しています、とか、ここに一つ単語を入れてみて下さい、とか、明らかに入学希望者を意識しており、説明も発音もなんならホワイトボードの字も超~丁寧。普段から、こういう感じで進めてくれるとカプ雄も嬉しいのですが…。

あんなに一生懸命、宿題をしたのに、その発表も行われず、前日の汚名挽回とはなりませんでした。
余計なことを勘繰るようですが、この学校には私が通っているグループレッスンの他に、個別レッスンが用意されています。授業料はグループレッスンの倍以上と高い一方で、日本語で授業を受けることができるため、グループレッスンで受けた授業の分からないところを補ったり、予習や復習に充てることもできるそうです。

ねーねー奥さん、もしやそれを狙ってないー?
やだー奥さん、絶対そうよねー。早口でまくしたてて挫折させて、個別レッスンも受講させる気よ!
ねーねー奥さん、だとしたら経営者の人キレモノねー。キレモノってだいたいキラワレモノよねー。
やだー奥さん、キレモノじゃないのにキラワレモノの奥さんの立場はどーなるのよー。

いえ、これは授業についていけない私の、醜く曲がった憶測です。今後も良かったことや悪かったことなど、いろいろと率直に書いていきたいので、スクール名を出すつもりはありませんが、スタッフは非常に良い人たちばかりですし、鬼に関しても私の被害妄想的な部分があり、私以外の生徒が鬼のことを悪く言うところを見たことがありません。私は嫌いですけどね。ええ大嫌いですけどね。姿を見るたびに「転べ」と呟いています。

そして、その無料レッスン体験の男性=私にとっては神様のような救世主が退室すると、鬼の表情はガラリと変わり、授業が格段にスピードアップしました。もう喋りも動作も早送り状態です。さっきまで鬼のPadで、次々とタイフードを見せながら、和気あいあいと朗らかに進んでいたことは、どうやら幻だったようです。

せやで!!遅れを取り戻さなあかんのんや~!!
カプ雄に構ってる暇なんかないで~!!

そう言わんばかりに、この日は当てられることもなく、成績優秀なボンジュール男ばかりに振っていました。これでいいのです。その方が私も気が楽です。しかし、順風満帆だと思っていた最後の最後、あまりに早送りで進めたため、時間が少し余ってしまったようで、今までの授業で習った対話を、質疑応答形式(鬼が質問して指された生徒が答える)で行うことになりました。他の生徒たちは早口言葉をまくしたてる鬼に、ゆっくりながらも答えていましたが、私は当てられた途端に完全にフリーズしてしまい、覚えていたタイ語までキレイに忘れてしまいました。

固まるカプ雄に鬼は絶叫します。

なんで分からないの!!
さっきやったばかりでしょ!!

そしてもう一度、今度は泣くような声色に変えて、鬼は言いました。

ねえ、なんで分からないのよー!!
さっきやったばかりでしょう?

さっき…?それってボンジュール男と、ほぼ2人だけの世界で進めていたこと?

鬼は固まる私にヒントらしき言葉を並べてくれました。しかし、そのどれもが「トー」とか「コー」とか意味不明のカタカナにしか聞こえず、私はそれをそのまま繰り返すことしかできませんでした。
あまりに鬼が怒るので、その光景を見かねた左隣の日本人男性と、右隣のニーハオ女が「ここ!ここに書いている!!」と、そっとテキストに書かれている部分を指しながら見せてくれるのですが、その文字さえ読むことができません。

結局、最後まで答えることができなかった私に対して鬼は、「何やっているのよ!」と呆れていましたが、誰よりも呆れて、惨めな気持ちになっているのは自分自身です。もう、そっとしておいて下さい。答えられない私を見て、クスクスと笑うイケメン西洋人とアジア女。この人たちには、いかなる手段を使っても裁きを加えると決心しました。その代わりに、左隣の日本人男性と右隣のニーハオ女には、ある程度の金なら積んでやってもいいと思いました。

「マイペンライ、マイペンライ」そう言って励ましてくれるニーハオ女。
昨日のブログで授業を引っ掻き回すなんて言ってごめんなさい。(今でも引っ掻き回すけれど)
そして、左隣の日本人男性、ありがとうございます。手を差し伸べようとしてくれたことが嬉しかったです。
(今では必ず私の左に座ってもらい、鬼から難しい質問が飛ぶと、咄嗟にどこに書いているのか?何を聞いているのか?を日本語で教えてくれるようになりました。例:「45ページ右上2番目!主語だけ変えて!」)

帰宅後に、げんなりしながら復習。この日は深夜1時まで勉強が続き、やけに疲れた18日目でした。

2015080517311000

<この日の出費>※レートはカプ雄の戒めレート=1バーツ4円計算
500mlの水 7バーツ(約28円)
おタバコ 68バーツ(約272円)
昼食:いつもの弁当 9バーツ(約36円)
夕飯:フードコートで食べた牛丼みたいなもの 45バーツ(約180円)
ドーナツ 23バーツ(約92円)
お菓子 15バーツ(約60円)
箱ティッシュ(1箱) 16バーツ(約64円)

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★──────────────────────────────────

コメント

  1. イープン花子 より:

    インディー ティー ダイ ルーゥチャック クラップ!
    イープン花子です( ˆ﹀ˆ )

    何気に見たこのブログ…文章が面白くて楽しみに毎日読んでいます。まだタイに移住して18日なんですね。最初の記事は手続きが大変そうで(T^T)今度はタイ語学校で大変そうなのですね。
    元気出して!と伝えたくて思わずコメント書いています。
    カプ雄さんのファンになりました。
    日本から応援しています。ブログ楽しみにしています!

    鬼タイ人教師に負けないでください(笑)
    またコメントさせていただきます!
    楽しいタイ生活を送ってくださいね(o゚▽゚o)

    1. サワディーカプ雄 より:

      イープン花子さま

      はじめまして!
      なんだっけかなー、このインディー ティー ダイ ルーゥチャック クラップ!って…。学校でやったような…と思っていたら!
      「はじめまして」ですよね?!あー!!と声を出してしまいました。
      理解できた自分を自分で褒めてやりたい気分です。
      そしてイープン花子さま(イープン…笑)、もう本当にありがたいお言葉の数々、嬉しくて目頭もアチラもグッショリです。

      手続きは本当に面倒で、あっち行ったりこっち行ったり。タイに来てからも今はまだないですが、そのうちビザの更新やら面倒な手続きが多くて(その度にお金も掛かるんです)、ああカプ雄はここの国では外国人なんだなーって当たり前のことだけど、実感したりします。
      そうするとねー、カプ雄が東京に住んでいた頃、たくさんの中国人や韓国人やネパール人や、もちろんタイ人も周りに住んでいたのですが、彼らも大変だったんだろうなーと、今さらながらに強く思います。
      「何を言っているの分からねーよ」ってレジで思ったことも多々ありましたが、あれはあれで彼らの精一杯の日本語で、帰国したときは、帰国する前より絶対にやさしく接してあげられる自信があります。

      応援ありがとうございます!!鬼に負けないよう頑張ります!!
      ※追伸:今日のテストは満点でした~♥

Comments are closed.

ページの先頭へもどる