【タイ移住303日目~タイ移住309日目】タイの暑季

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あちー。
あちーよ、マジで。空に太陽がある限り何もやる気が起きないくらい暑い!!暑い暑い暑い!!

タイでは、4月半ばのソンクラーン時期が暑さのピークを迎えると言われており、ちょっと油断をしていた私がいます。
「あ、こんなもん?日本の夏をナメんなよ」って。
でも、今年に限って言えば、5月になってからの方が俄然、暑さを増し、ちょっと外出するだけで丸焦げです。
2016050711062800

実際に在タイ日本大使館からも酷暑に関する注意喚起のメールがありました。
「一部報道によれば,タイ国内では酷暑の影響により,3月以降で20名以上が死亡したとのことです。タイ気象庁によれば,今後もしばらくは酷暑が続く見込みです」

どうでもいいけどさー、いつもいつも気になるんだけど、どうして読点がコンマなんだよ。
コンマって、逆から読むとキケンだよ。

朝、起きるじゃん。で、うちの目覚まし時計って温度計も付いてるじゃん。で、いつも31度って表示されてるじゃん。31度の寝室って地獄じゃん。でもエアコンのリモコンまで手を伸ばすことすら面倒じゃん。で、そのまま二度寝するじゃん。日中には室内なのに37度まで上がるじゃん。地獄どころか天国に逝っちゃうじゃん。だから仕方なく起きるじゃん。全身びっちょんこじゃん。腕とか濡れ過ぎて良質のTENGAみたいになってっからー♪

あ、申し遅れました、ご挨拶がまだでしたね。
バンコク在住のサワディーカプ雄です。サワディーカップ!
みんなからは☆カプ雄さん☆って呼ばれて、いません。

<タイ移住303日目>
この日は5月4日。
エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ みどりの日??今、知った!!
4月29日でしょうよ、みどりの日って…。

調べてみたら、2007年から4月29日は「昭和の日」で、みどりの日は5月4日になったそうです。
本当?報道されてた?日本人なら知っている話??

10年前のことなのに、日本で何をしていたんだろ…。不安しかありません。でも、今日でバッチリ覚えました。5月4日はみどりの日。伊藤みどり、五月みどり、伊集院みどり。ギラギラした目で見ないでちょーだい!

GWの真っ最中だったこともあり、バンコクでは多くの日本人観光客を見かけました。
ウェルカーム、いらっしゃいませー、めんそーれ。

そんな日本人観光客を一言で表現すると、キラキラしすぎ!
男も女も老いも若きも、まぶしいくらいに楽しそうな笑顔を浮かべて、なんとなく爽やかさまで感じました。
なんでしょうね、遠くから見ても「あ、日本人だな」って分かるくらい、やっぱりオシャレな人が多くて、でも近くに来て、上から下まで舐めまわすように見ると、右手にガイドブック、左手にシェイク、その辺で買ったであろうタイパンツを履き、しょーもないプリントのTシャツを着て、決して高そうなものを身に付けているわけでも、ブランド品をまとっているわけでもなく、それでも、どことなくオシャレに見えるのが日本人です。

例え同じ格好をしていても、私は遠くから見るだけで「あれは金華ハムだ」とか「トッポギだな」と断定することができ、その違いを明確に説明することはできないのですが、なんだろ、新大久保に住んでいたからかなー。日・中・韓だけは遠目でも判別することができます。

話を戻しましょうね、今日は脱線が多くて、ごめんなサイババ。

GW中の日本人観光客は、東南アジアの風や匂い、さらに一足早い夏を全身で満喫しているように見え、「え?こっち?あっちじゃない?」なんて迷っている姿さえも微笑ましく、地図の向きを何度も変えながら、ああだこうだ言っている光景に「おじちゃん、頼まれていないのに教えちゃおうかしら」と、余計なお節介までしそうになりました。
そーね、そーね、迷っていることすら想い出よねー、おじちゃん、おとなしくバスで帰るさー。

少し前までは私も、このような旅行者の一人で、きっとキラキラとした表情を絶やさずに、タイという国やバンコクという都市を堪能していたのでしょう。目に映る景色のどれもが新鮮で、どんな五感もプラスに捉えていたのだと思います。
今となっては、敏感すぎる第六感。

キラキラとした旅行者たちに、懐かしくも憧れに似た感情を抱きながら乗ったバスで、虫の知らせにハッとして、左を見ると、このザマよ。

2016050711065200

直射日光だっつーのに、トラックの荷台で肉を運ぶなよ!!しかも渋滞中だろ!!

日本の業者なら、精肉は冷蔵された状態で運びますよね…。
この後、このトラックと私が乗っていたバスは、ほぼ併走していましたが(とはいえ、渋滞であまり動かない)、肉は太陽にさらされ続け、溶けた血が袋の底にたまる地獄絵図となっていました。
鮮度じゃない、心配なのは腐敗。それが、この国です。

<タイ移住306日目>
あまりの暑さに遠出をする元気がないため、この日は近所でおとなしくマッサージを受けました。

「男性マッサージ師にイタズラをされた」と以前、書きましたが、その後、女性マッサージ師を何度か指名したところ、やっぱり私には弱く感じ、これを天秤にかけた結果、イタズラされても構わないから強い方が良い!と、まさかの結論を導き出し、この日も男性を指名しました。
ところが、「男性は空いていないから女性でも良いか?」と聞かれ、なんとなくですが意固地に男性にこだわってしまうと、男性目当てで来店しているように思われそうだったので「力の強い人であれば」とリクエストをしたうえで、足の洗い場で待っていました。

階段を下りてくる、そのシルエットに驚きます。
あ、あれは…エレファント・メス!!!!

激しく期待できそうな迫力のある身体は、後ろ足だけで上手に階段を下り、まるで睨みつけるかの如く、私を見つめます。
ひぇ~!!おっかねぇーよ、あれは人を殺す時の目!!今宵、ここで圧死するんだわ…。

決してドエムではありませんが、圧死するほどの腕力を想像し、胸を躍らせながら横たわりました。
ところが、エレファント・メス、大きな身体に相反して、チカラは無駄に乙女。有栖川とか西園寺とか、華族の生娘を彷彿とさせるような非力さに不満が募ります。

エレファントお嬢様、このまま1時間を終えるおつもりなのですね…と、泣く泣く体勢をうつ伏せに変えた時でした。肋骨が砕けるほどの強い衝撃を受け、一気に慄きます。お嬢が背中に乗った模様。象の背中に乗る観光地は多いでしょうが、象が背中に乗るのは、たぶんココだけです。

ひ、ひ、ふー。ひ、ひ、ふー。
お望み通りの圧死寸前になりながら、ラマーズ法で呼吸を整え、苦しさを緩和します。
胸部から腰、そして臀部へと殺人的な圧迫は続き、ようやく背中から下りたかと思ったら、またしても有栖川家特有の乙女系マッサージが始まり、感情が大忙しでした。

<タイ移住307日目>
平和すぎるほど平和な一日です。
昼はプロンポンでお好み焼きを食べ、夜はバンチャークでお菓子を買う、ただそれだけの日でした。

2016050711071000

このブログでも何度か登場していますが、広島風のお好み焼きです。
1枚199バーツ(約637円)で、非常に美味しいです。

2016050711074000

タイの宮廷菓子、ルークチュップ。
蒸した豆にココナッツミルクや砂糖を加えて作られています。バンチャークの屋台で20バーツ(約64円)くらいでした。
豆好きには好きなテイストだと思います。ま、これも美味しいんですけど、個人的にはバンチャークにあるパン屋のあんぱん(10バーツ=約32円)の方が好きで、最近は頻繁に通っています。

以上で良いかしらね、今回は。
短い?じゃあ、最後に一つだけ、タイに関する小話を。

タイでは現在、Airbnbなど物件の空室利用に規制強化が検討されています。
このサイトに限らず、空室を活用する民泊に対しての規制ですが、色々と問題が起きていると報じられています。
まず、ホテル業界からの不満。
日本でも同じようなことが問題になっていますが、営業の許可を持たない人が、空き部屋を提供して宿泊費を得ていることに対してホテル業界がオコで「ホテルと同じように税金を納めるべきだ」との主張されているようです。

そして、コンド側からもクレーム。
これは実際に私も感じています。そこまでオコじゃないけれど、私が住んでいる物件でも、こういう利用をしている人がいて、やっぱり、旅行で来ている方と住んでいる方では、テンションが違いますよねー。それは仕方のないことだし、分かっているつもりですが、基本うるせぇんだよ!!!
あなたがたにとってはリゾートでも、ここで暮らしている人にとっては日常で、その認識や配慮が必要だと思います。

プールではしゃいでしまう気持ちも分からなくはないけれどさ、ここは旅行を満喫する場ではありません。
さっさとホテルへGo!!

ついでに言えば、部屋の家主からの相談も多いそうで、ありえないほど散らかして(または汚して)帰国されることもある、とのことです。
「来た時よりも美しく」をモットーとしている私には、信じられないことですが、ある冊子ではAirbnbで部屋を貸した後、おそろしい状態になっている室内の写真が掲載されていました。

暮らすように過ごすって、素敵なことですけど、他人の部屋である以上、そこには執着や煩悩が染みついていますYo!!
あー、おそろしい、おそろしい!!

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★───────────────────────

でも「暮らすように過ごしてみる」って、移住前には大切だと思います。

コメント

  1. イープン花子 より:

    こんにちは( ˆ﹀ˆ )
    またコメント欄が復活したのですね!早速(笑)

    暑そうーーーー!肉がっ!!( ´。pωq。)
    大丈夫じゃなさそうな肉塊…昨日たまたまテレビで観たのですが、保冷剤って日本じゃ当たり前なのですよね。でも海外から来た人はいちおうに驚いていました(笑)みんなが口を揃えて「アメージング!」って(笑)
    日本人の細やかさ万歳ですね☆彡.。

    で、日本?大阪は過ごしやすい気候です。湿度もそんなに高くなくて25度くらいをフラフラしています。半袖で微妙な寒さを覚えるくらいです。ギラギラした太陽の季節が日本にももうすぐくるのか…写真をみて急に日焼け止めを買い足さないと!!と思いました。
    くれぐれも31度の部屋で脱水症状を起こさない様にマメに水を買いに行き飲んでくださいね( ˆ﹀ˆ )

    1. サワディーカプ雄 より:

      イープン花子さま

      サワディーカップ!コメントありがとうございます。
      って、復活させたわけじゃなくて、私のミスなんですけどね(笑)
      これ、デフォルトで「コメントを許可する」になっているので、自分で記事を書く度にチェックを外さなければならず、うっかりです。

      でも、せっかく頂いたので!!
      まずはお久しぶりです。日本は今、過ごしやすい時期ですよね。沖縄の方は梅雨入りしたみたいですけど、関西はもう少し先だと思います。残された快適な時間を満喫されて下さい!!湿った日が続くとタイ人もビックリする日本の夏が到来しますから!!

      そして肉…(笑)
      日本人が経営しているレストランとかは、わりと品質管理が厳しいみたいなので、大丈夫だと思うんですけど、タイ人は、どうなんでしょうね(笑)あんまり気にしなそうな気がします。

Comments are closed.

ページの先頭へもどる