【タイ移住317日目~タイ移住323日目】チェンマイへの国内旅行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディーカップ。
タイ移住、真っ最中のサワディーカプ雄です。
タイ移住317日目~タイ移住323日目となる先々週は、バンコクから北へ約720キロに位置するタイ第2の都市・チェンマイへ行って来ました。寺が多く古都としても有名なことから日本人の間では「タイの京都」と呼ばれています。

そんなチェンマイでの旅行記です。

<タイ移住317日目>

京都と言うよりは奈良どすな。
焼け野原のド真ん中みたいなところに飛行機が着陸した時から、薄々そう感じていました。いえ、私は京都も好きですが、奈良も好きなので、決してディスっているわけではありません。ただ、第1都市と第2都市の激し過ぎる差に驚いたのは事実です。

空港からタクシーで160バーツ(約512円)、本日の宿へ到着です。

☆S-Trips the Poshtel ☆

1F442BAF-4C32-46A8-BF45-1F6AD14C03E7

すごく良かっただよーー!
今年オープンしたばかりなので、とにかく新しくてEEだねっ♪ しかもスタッフが全員、揃いも揃って親切◎
タイに限らず日本でも「さっきの人は良かったんだけど、オメェなんだよ!!」って人が紛れていますよね??私だけかもしれませんが、どんなに立派なところでも一人は「てめえコノヤロー!」って感じる人がいます。

でも、ここは4泊しましたが、一度も心で舌打ちをすることなく、自然と笑顔になれるような接客をしてくれました。
誰も参考にしないでしょうが、1泊2,000円以下で泊まれる☆S-Trips the Poshtel☆の長所と短所を、箇条書きにしてみます。

【長所】
◇タイ人とは思えない心配り
「タイ人と言えば、気が利かない。」
私の揺るぎない偏見ですが、それはアンタの思い過ごしよ、と言わんばかりの気遣いに味噌顔男子・感無量です。

例えば、一時的にWIFIが使えなくなった時間がありました。お天気がワルーござんしたから、その影響で電波がアホになったんでしょうね。その時、こちらから「ちょっとー、タイ人、WIFIが使えないんだけどー」と言ったわけでもないのに、スタッフがわざわざ部屋まで来て「今、WIFIが使えない状態ですが、オフィスのWIFIなら使えるので、そちらを利用して下さい」と、オフィス用のパスワードを教えてくれました。しかもWIFIが使えない理由と謝罪が書かれた手紙まで持参して。

今まで色々なところに泊まりましたが、こんな優しさ初めてです。

4泊中の朝食は毎日、違うものを用意してくれ、その度に「辛いものは大丈夫?」「チキンは食べられる?」「今日のご飯はどうだった?」と、イチイチ本当にイチイチ気遣ってくれます。こんな値段で泊まってんだからトースターの横に食パンでもブン投げておけば良いのに…!!

「部屋にハンガーがあれば…」と何気なく言った時も「ごめんなさい。ハンガーはないの」と謝られましたが、その日のうちに用意してくれたり、ランドリーを使った時も3時間は掛かると言うので「出掛けて来るからカゴに出しておいて欲しい」とお願いをすると、丁寧に畳んだ状態でカゴに入れてありました。

ありがてぇーーすまねぇーーなみだーー!!ただ、悪いが畳み直すぜ。俺には俺の畳み方があるからな。

清掃スタッフも、まだ接客に慣れていないのか、照れくさそうに、でも遠慮がちの笑顔を作って、きちんと挨拶を返してくれるし、ゴージャスじゃなくても、広くなくても、清潔で親切で笑顔を絶やさなければ、こんなに素敵なホステルが作れるんだ、と上から目線で感心しました。

◇フリーのドリンクとお菓子
1泊2,000円以下なのに、私が泊まったプライベートツインルームが最も高い部屋で、ドミトリーは500円台から泊まることができます。その、500円台のゲストでさえ、気の利いた朝食が提供され、「赤字になるんじゃねーの?」と心配しましたが、さらにペットボトルの水、コーヒー、紅茶、クッキー、バナナチップスが2階に置いてあり、それらが全て無料でした。

ねえねえ、水はサーバーにしときなって!!ペットボトルなんて置いておくと、500円ゲストたちが貧乏根性丸出しで何本も持って行くよ!!そんなワタクシ、置いてあるバナナチップスを必ず全て平らげ、貧乏根性丸出しでした。ウマかったよー。

【短所】
◇荷物を置く場所がない
収納もセキュリティボックスもなく、さらにテーブルもなかったので、荷物を床に置くことになります。やや潔癖な私にとって、これは屈辱です。ワタシの大切なバックを床に置けってーの!?しかもパソコンを置く場所もないので、この4日間はパソコンを手のひらに置いてメールをチェックしました。メールが一通も来なかったことが救いです。(さみしー!)

◇フロントが夜10時で閉まる
それは、ある日の深夜3時。大声で怒鳴るように叫びながら、男が入口のドアを叩き続けていました。何を言っているのか分かりませんが絶叫に近い声色で、かなり乱暴にドアを叩き、身の危険さえ感じました。翌朝、スタッフに聞いたところ、泥酔した客がカギを失くして入れなかったようです。大きなホテルではないので、建物全体に声や振動が響き、ちょっと恐怖でした。分からないけどさ、何かアブネー奴かもしれないじゃん。ここは改善点だと思います。

この日は、チェックイン後にモン族市場を徘徊。
原色を使った派手な刺繍が特徴的のアイテムがズラリと並びます。男シノハラ(ともえ)としては、見逃せません。が、どう使おうとも、女子っぽくなりそうで却下。味噌顔男子、りゅうちぇるになる勇気は、まだ備わっていませんでした。

夜はナイトマーケットへ。なんとなくバンコクのナイトマーケットと同じものばかり並んでいる気がして、購買意欲は湧きませぬ。それがし、メシでも食って帰ろうぞ…と思った矢先に、突風がプーッ、豪雨になるかも!と思った矢先に雨がゴォーウッ。踵を返して宿までダッシュです。日本で生活をしていた時よりもタイに来てからの方が、間違いなくダッシュの頻度が増えています。スコール、野犬、横断歩道、走るタイミングはいつでもありんす。

お宿の1階はカフェ。
B79BA26D-F535-4C2D-A869-99DB9FD3C72A
ガーリックベーコンライス、95バーツ(約304円)。
A95A5FA1-5787-400F-BAE6-4A32ECC3F84E
ミントソーダ、90バーツ(約288円)。
E5B41509-5635-42EE-AF54-962658FC9E0C
メシとソーダの値段が、さほど変わらない謎の価格設定でしたが、満足な味です。10点中3点!(笑)

<タイ移住318日目>

朝食も、いとうまし。10点中3点。
7926A852-573B-4A73-ADAA-0D50DAD9A776

この日はチェンマイ観光の定番、ワット・プラタートドーイステープへ行きました。ワットとは寺のこと。ウエンツと徹平の方は解散しました。
ソンテウを500バーツ(約1,600円)でチャーターして、曲がりくねった山道を登って行きます。そうですねー、10分くらい走った頃からでしょうか、酔って酔ってグロッキーになったのは。
到着した時には、完全に白目。MajiでAwa吹く5秒前!寺どころじゃありません。

でもさー、せっかく500バーツも払って来たからさー、急勾配の階段を歩いたさー。
金毘羅レベルを想像していたから、すぐに辿り着いて、なんくるないさー!!

0E56448F-D02D-4384-B161-6FEF585E069B

きゃー、見て見て。ゴールド感、ハンパねぇー!!気分はラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ。
「あーた、10秒で飽きるわ、あーた。あたくしー、金閣寺の方が好きよ、あーた」

ソンテウで旧市街地まで送ってもらい、マッサージ。お勧めされたトークセンを受けてみました。だるま落としで使うような小槌でトントンと身体を叩かれます。なんだろ…これの何が良いのか、さっぱり分からないままの1時間でした。
それでも、お寺(寺の名前はうっかりforget)の敷地にある開放的な小屋の中で、安いマットレスに横たわり、扇風機から流れて来る生温かい南国の風が、ねっとりと身体にまとわりつき、心地の良い眠気を誘いました。

もう小槌がやかましいから、放っといて!!

<タイ移住319日目>

この調子で1日ずつ振り返ってしまうと、とんでもない長さになりそうなので、ここから一気に端折ります。計画性がなくて、ごめんなさいねー。

チェンマイでの3日目はカフェを3軒はしご。

外観だけではなく店内もシックなベーカリーカフェ。ぼんやりするには最高でした。
BE56616E-7B29-496C-A0F1-A8EAF83409D2

343BF2D7-2CAC-4A13-A401-D921C7B9D2C4

アムリタガーデンで玄米おにぎり&日替わりランチ。
824C06E1-23ED-4A01-B926-CC281A11BEB7

FFE6E26F-378D-4A61-AE0F-17D0D2DF0129

川沿いのカフェでは、猫が隣りに座って眠り始めました。
FDB34E7E-5E20-4724-A5A1-C09300634DCF

3A875CEC-F2D9-4591-8914-2118182FC600

他にもチェンマイには雰囲気の良いカフェが沢山あり、滞在中は色々と行きました。
おし・マイケル!

<タイ移住320日目>

この日の朝食。シャレオツだーねー。
A20AED79-E782-45A8-BFE9-CC1265AE64EB

2738332E-9E40-4F08-8A0A-BD00E72DFB9B

いやと言うほど寺巡りをした日です。寺は意味や歴史を把握しないで行くと、ただの古い建物に過ぎませんが、多くの寺の入り口には、スマホで読み込めるバーコードがあり、そこからサイトへアクセスをすると、その寺の情報を読むことができます。
2919A3B8-8AF0-49A1-A26C-F6EF80BE041F

お寺さんの情報は嬉しおすー。でも、日本語で書いてはらないから、意味不明どしたー。

<タイ移住321日目>

お宿を移動。
☆Coincidence hub and hostel☆

AF3C75B5-4AA2-4A90-AFAB-3DDA688CD624

ここも1泊2,000円以下の安宿ですが、うーん、最初がコッチだったら「こんなもんだろ」って思えたのでしょうが、いかんせん愛想もなければ、おしゃべりばかり、頼んだことは何一つせず、掃除も適当。タイによくあるレベルでした。
新しい場所なんだけど、なんだろ…。

1階がレストランで、2階からが宿泊スペースになっているのですが、その階段の前で靴を脱がなくてはならず、そこに宿泊者の靴が散乱していて、ちょっとしたゴミ屋敷です。汚いサンダルやら、臭そうなスニーカーやら。味噌顔デヴィ、オコよ。
あーた、あたくしー、そーゆーだらしない人間が一番キライだわー、みっともないでしょ、動物だって整理するのに。

もちろんスタッフが並べるわけでも、片付けるわけでもなく、確実に宿泊者の数より多い靴が、とっ散らかったままで、その光景を見た瞬間に、あらゆる設備の状態を悟りました。
予想以上でも以下でもなく、2,000円レベルと言われたら、それまでの場所でした。

ここの良かったところは、日曜に行われているナイトマーケットに近かったこと。
前日までのナイトマーケットより、規模が大きく見応えもありました。

<タイ移住322日目とタイ移住323日目>

面倒になって来たので、この先は写真のみでお伝えしとうございます。
何をしたのかは、ご自由にご想像下さい。

1E1061A8-DAF7-4C3E-8130-923C376C31F2

B15C381F-E0BB-4701-9EEB-84EBDB7E30E3

506CA789-3ACB-49B7-B5BF-DD786DAEFE48

8B1212AC-F4AE-4BA4-A5D6-BBC082090AA7

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★───────────────────────

散財の後は節約。
次回は、かつてないほど地味な内容になりそうです。
南~無~。

80C7F2F8-E0F5-4D66-B84A-D6A73AA6CBE7

ページの先頭へもどる