オーストラリアに移住する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オーストラリアは、観光をはじめ、留学やワーキングホリデーなどでも人気を集めている国です。そんなオーストラリアに一度滞在すると、そのまま移住したいと考える人もいるでしょう。

オーストラリアへの移住は、実はそれほど難しいものでもないのです。しいて言えば、「貯金」があるかどうかで、オーストラリアへの移住が可能か不可能か変わってきます。そんなことから、老後にそれまで貯めてきた貯金を使ってオーストラリアに移住するという人も少なくありません。

まず、ビザの基本を押さえておきましょう。オーストラリアに限らず、どこの国でもビザが発行されるのは、「その国に利益をもたらしてくれる人」なのです。
例えば、観光客はその国に滞在している間、ホテルや食事、観光、お土産などでお金を使っていきます。そんなことから、観光ビザはビザの中でも最も簡単に取得することができるビザになります。

逆に、ビザが発行されないのは、「その国に害をもたらす人」です。特に仕事が必要な人は、その国に来ることで、国民の仕事を奪ってしまう可能性があります。そんなことから、その国で働けるビザを取得するのは、ハードルを越える必要があるのです。

オーストラリアの永住権を取得するためには、スキルドワーカーを取得するという方法もありますが、2015年7月に改正があり、永住権の取得方法ががわりと変わっています。従来の方法は、ポイントを稼いで申請資格を取得するようなものでしたが、改正後は、ワンステップ追加されており、自分が就職する職業エリアを指定する必要があります。

オーストラリアの永住権には幾つかのカテゴリーがあり、Business Talent、Business Innovation and Investment、Skilled-Nominated、Skilled Independent、Expression of Interest、Invitationに分かれています。それぞれのカテゴリーで条件が異なるので、まずはどのカテゴリーが自分に合っているのか探してみるところから始めてみると良いでしょう。

そそら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる