オーストラリア留学に必要なビザ(学生ビザの申請)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オーストラリアには、多くの学生が毎年留学しています。そんなオーストラリアでは、学生ビザで就労の許可をもらうこともできることから、仕事をして学費や生活費を賄いながら学校に通って勉強するということもできるのです。ただし、学生ビザを申請するためには必要な条件をクリアする必要があります。

まず、オーストラリア留学にあたり学生ビザを申請するためには、3か月以上フルタイム(週25時間以上)で学校に通う必要があります。通う学校も政府認定校のコースである必要があります。学生ビザと共にワークパーミッションを受け取り、仕事をするこも可能になります。ただし、学生ビザでの就労は、最大週20時間までという制限があり、あくまでも生活費や学費を賄うためで、滞在の目的は学校に通うことにあります。

学生ビザは、延長することも可能ですが、出席率が80%に達している必要があります。学費を支払い、学生ビザを申請しても学校に通っていないということになると、学校から移民局に通達が行き、学生ビザが取り消される場合もあるので、注意が必要です。

オーストラリアの学生ビザはオンライン申請、もしくは郵送での申請になります。申請料金は、日本国内、オーストラリア国内ともに$535となっています。学生ビザを申請するための条件は以下になります。

・留学中の生活資金があること。(年間18610ドル)
・留学先が政府認定校であること。
・学生ビザのルールを理解し、従うこと。
・入学手続きを行い、入学許可書(COE)を所持していること。
・オーストラリア大使館指定病院にて、健康診断とレントゲン検査を受けてパスすること。
・OSHCという、海外留学生保険に加入すること。
・ビザの申請時に6歳以上であること。
・配偶者を連れての留学も可能で、その場合は配偶者も本人と同じ時間数仕事をすることができます。

ビザを申請する際には、申請費用とパスポート、学生ビザ申請用紙、レントゲン診断用紙、入学許可書番号、OSHC、クレジットカードが必要になります。

コアラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる