カナダの医療事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本には病院が沢山あり、患者は病院の口コミやレビューなどを見て、自分が安心して通うことができる病院を選ぶことができます。また、駅から近くの病院や、家から徒歩圏内、職場から近い病院など、通いやすさでも選ぶことができます。

それに比べて、カナダには、小さな街には病院がひとつあるかないかになります。バンクーバーやトロントなど、大きな街に行くとそれなりに数もあるようなのですが、私たちの住む町には、街にひとつ、ではなく、ここのエリア全体でひとつしか病院がありません。そんなことから、病院は常に混雑しています。

また、日本と違うのは、病院は基本的に救急(Emergency)で行くのみで、具合が悪い時にはカナダではまず最初にファミリードクターのところにいきます。

家族にひとりファミリードクターがつき、よほどの救急でない限りはまずはファミリードクターのところに行きます。ファミリードクターがいない場合は、誰でも予約なしていくことができるウォークインに行きます。まずはファミリードクターかウォークインクリニックで診察してもらい、薬をもらったり、アドバイスをもらいます。

また、症状によっては専門家が必要な場合もあり、そういう時には、ファミリードクターから「スペシャリスト」を紹介してもらいます。スペシャリストにみてもらうためには、必ずファミリードクターからの紹介が必要なので、やはりまず最初はファミリードクターのところに行く必要があるのです。

日本でも医師不足や看護師不足が問題となっているようですが、カナダでも同じく、ナース不足、医師不足が問題となっており、ファミリードクターがほしくても、どこも満員で受け付けてもらえないという人も多くいます。そんな人は、ファミリードクターが見つかるまではウォークインに通うことになります。

このようなカナダの医療システムも、最初の頃は不便に感じていたのですが、最近はだいぶ慣れてしまい、待ち時間も長かったりするので、ちょっとのことでは病院やドクターのところにはいかなくなってしまいました。何よりも、健康が一番ですね。

病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる