ワーキングホリデーの保険とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本国内で病因や医療機関にかかる場合には、国民健康保険などの保険が適用するので、医療費が高額になる、ということはなかなかありません。しかし、日本を出て、海外に行くと、国民健康保険などの日本の保険は使うことができません。海外では、ちょっと病院にかかるだけで高額な医療費が請求されます。日本では、救急車に乗っても費用はかかりませんが、カナダでは、保険なしで救急車に乗ると、1万円前後の費用が後から請求されます。そんなことから、救急車の乗る前に、保険の有無を聞かれることも少なくありません。

ワーキングホリーデー生活の中で、1年間病気も怪我もなく健康に過ごすことができたら良いのですが、どんなに気を付けていても、病衣をしたり、怪我をすることがあります。特に冬になるとインフルエンザがかかるので、病院やウォークインにかかることもあるでしょう。突然の高額な医療費の請求に驚かないためにも、ワーキングホリデーに出発する前に、必ず「海外旅行保険」に加入しておくことも忘れないようにしましょう。

出発前に海外旅行保険に加入すると、現地に到着するまでの道のりでの事故や病気の時でも医療費がカバーされます。目的地がカナダでも、航空券によってはアメリカ経由になることもあるでしょう。アメリカで病因などに行くと、非常に高額な医療費となります。
どうしても何らかの理由で出発前までに海外旅行保険に加入することができなかった場合には、現地で海外旅行保険に加入することも不可能ではありません。バンクーバーやトロントなどの大きな都市に限りますが、日本人が多く集まる都市には、日本の海外旅行保険会社がある場合があるので、そこで海外旅行保険に加入します。旅行会社やエージェントなどを探してみると良いでしょう。

保険が切れてしまった場合や、何らかの事情で保険を所持していない時に具合が悪くなってしまったら、中には、保険を持っていなくても無料で診察してくれるウォークインクリニックがあります。ただし、こういったクリニックでは、診察記録などを研究に使うなどのことについて同意をしたのちに診察してもらえます。万が一の時のために、現地にどんなウォークインクリニックがあるのか確認しておくと良いでしょう。

toronto

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる