マレーシアのワーキングホリデー(インターンプログラム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※はじめに※
マレーシアは正式なワーキングホリデーの国際協定を結んでいないため、ここで言うワーキングホリデーとは「インターンで働くプログラム」のことを指します。なお、ワーキングホリデーとは、1年間働きながら様々な目的での滞在が可能な国際協定制度で、1つの国ごとに1度だけ発給されることが認められている査証です。

マレーシア

マレーシアは、英語を話す人も多いことから、費用を抑えて留学したいという人から人気のある国となっています。さらに、学生ビザでなくワーキングホリデーシステムを利用することで、働きながら英語の勉強をすることができ、将来の仕事にもつながるチャンスを広げることもできます。

マレーシアでは、観光業も盛んであることから、場合によってはホテルなどで働くこともできるかもしれません。英語力に自信がない場合には、最初の数か月は語学学校で英語を勉強して自信をつけたのちに仕事をするという方法もあります。集中して勉強した後で仕事をすることで、勉強した英語を仕事上で思いっきり使うことができます。

また、マレーシアのワーキングホリデーでは、ホテルなどのインターンプログラムに参加すると、1年間仕事をした後に正規社員として採用される可能性もあります。ワーキングホリデーの期間だけでなく、その後も海外で仕事をしたいという人にはぴったりなのです。

マレーシアにワーキングホリデーに行く場合には、どのように勉強して、どんな仕事をしたいのかというようなことを前もって明確にしておくことも大切なことです。1年間という期間は、考えている間にあっという間に過ぎてしまいます。ワーキングホリデーの期間を有効に過ごすためにも、前もって目標を立てておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる