【タイ移住555日目~タイ移住561日目】タイのHOTPOT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サワディーカップ。
タイ在住のサワディーカプ雄です。

今週は無駄話を挟まずに、さっさと始めたいと思います(毎週、そうしろよってな)。

<タイ移住555日目>
あれはたしか夜10時過ぎ。
何の前触れももなく、いきなり男の怒鳴り声がアパート内に響き渡り、その直後に怒鳴り声は、野太さと恐ろしさを増して錯乱状態になりました。
アブネェ奴が来たんじゃねーの?
得体の知れないキケンな奴がアパートに侵入したのだと思い、慌てて鍵を掛けました(普段から、そうしろよってな)。

日本で暮らしていても、それは海外と変わりませんが、平穏な生活が続く保証なんて、どこにもありません。
ビジネスホテルで立てこもり事件が起きたり、ATMで18億円が引き出されたり、駅前の道路が陥没したり。あらやだ、全て福岡県。

錯乱している主がアブナイ奴なのかは分かりませんが、下にいる警備員ほど頼りにならない人もいません。
いつだってスマホのゲームに夢中だし、時々、強烈なアルコール臭を放って酩酊しているし。それ相当の覚悟を持った危険人物なら、瞬殺で仕留めることができる程度の警備です。

とは言え、私も「ここは任せろ」と率先して戦うタイプでもありません。ついでに言いますが、たとえ部屋の扉が破壊され、室内に侵入されたとしても、絶対に戦わない自信さえあります。腕力ゼロ。小学生の甥に腕相撲で負けるレベルだもの。しかも左利きの子と右で勝負して、あっさり敗退する弱さ。戦うだけ無駄でしょう。それに加えて丸腰です。包丁も置いていなければ、金属バッドも物干し竿もなく、常時ある物と言えば、新鮮なマンゴー2個。犯人にマンゴーを突き出しても、ただの「おもてなし」でございます。

よって、可能な対策と言えば鍵を閉めることくらい。鍵穴から覗いたところで結末は変わらないだろうし、逃げようと5階から飛び降りたら、複雑骨折をするか無縁仏になるのが関の山。やれるだけのことはやったので、宿題の続きに勤しみました。

ところが、雄叫びは終わるどころか凄みを伴い、こうも長々と続くことで、これは不審者の侵入ではなく、どこかの部屋で起きている喧嘩だと確定させることができました。

日本語だったら、どんなに過激な声色でも、言葉が理解できるため「ああ、喧嘩か」と推測できますが、早口のタイ語になると、その内容が理解できず、無駄に怯えてしまいます。途中から、皿の割れる音や何かを壁にぶつける音など、音に彩りが加わったことで、逆に安堵し、さらに30分を経過しても罵倒が終わらなかった時には「何を食ったら30分も大声を出し続けられるのだろう」と、興味や感心さえ芽生えました。虚弱な私は5分と大声で叫べません。

最初の奇声から1時間が経過し、ようやく少し静かになったので、コンビニへ行こうと1階まで降りると、案の定、警備員は酩酊状態でスマホのゲームをしていました。しかもイヤホンまでしちゃってさ!!

今回は、ただの喧嘩でしたが、何かあった時に、全く頼りにならないことを改めて感じた夜でした。

<タイ移住556日目>
学校の授業は、だいたい「昨日は何をしましたか?」の質疑応答から始まります。
これには私に限らず、ほとんどの人がいつも困っています。そうそう、発表するほどのことなんてしないじゃん?
「ご飯を作った」
誰かが答えると、何を作ったのか、誰と食べたのか、それは美味しかったのか?そうやって会話を広げられます。
「テレビを観た」
誰かが答えると、何を観たのか、何時から観たのか、それは楽しかったのか?と続きます。

「アパートで誰かが喧嘩をしていた」
私がタイ語で答えると、先生もタイ語で尋ねます。
「恋人同士?」
「違う。男と男だった」
先生がタイ語で続けます。
「タイ人は怒ると怖いですよ。特に恋人同士の喧嘩は危険です」
どうやら私のタイ語が正しく通じていなかったようなので、もう一度ゆっくり訂正しました。
「先生、違います。喧嘩をしていたのは、男と男です」
先生は、きっぱりと答えました。
「分かってます。だから、恋人同士です」

奥が深いですね、アメイジング☆タイランド。

<タイ移住557日目>
以前、タイで鍋ばかり食べていることを書いた時に、一枚も写真を載せなかったら「見たかった」と友人から言われたので、スマホを持って、鍋を食べに行きました。

鍋の店は色々ありますが、私が一番好きなのは、HOTPOTです。
S__34914311

なかでもアパートからソンテウで20分くらいの場所にあるシーコンスクエア店がお気に入り(空いているから)。
S__34914312

肉・野菜・魚など何種類もの具材がありますが、私は以前もお伝えしたように、白菜・えのき・豚肉しか入れません。最初だけ少量のベーコンを入れると、スープが美味しくなることを、最近たまたま発見しましたが、とりたてて誰かに伝えるほどの内容ではないので、誰にも言っていません。
S__34914309

具材に火が通るまではビュッフェ台の寿司。ちなみにタイ人はサーモンが好きで争奪戦です。他にも飲茶やサラダ、デザートなどがあり、シーコン店ではガイヤーンやコームーヤーンまで置いています。こちらは争奪戦にはなりませんし、私も取りません。
S__34914313

鍋に火が通った頃、同行した友人が「写真用に」と、ウインナーとブロッコリーを投入しました。
S__34914308

HOTPOTは通常379バーツ(約1,137円)ですが、この日はキャンペーン中で299バーツ(約897円)でした。お得だねー!

ちなみに、この日、HOTPOTに入る直前、シーコンスクエアの体重計で体重を測ってみると、63キロでした。で、鍋や寿司を好きなだけ食べてから、もう一度、測ってみると、65.5キロに上昇。摂取した食料の重量は2.5キロの模様です。赤ん坊が生まれた時の正常出生体重が2,500グラム~なので、計算上では赤子ひとりを丸飲みしたことになります。おいしゅう赤子でございました。

よって、腹は今にもハチ切れそうな膨れっぷり。針で突くとパンッ!!と大きな音を立てて割れそうなほど張っており、特にヘソより上の、胃(かな?)の部分が、いびつな形に膨張していたので、赤い服を着ていたことも相まって、それはまるで歩くTENGA.苦しさゆえにチャップリンのような歩き方で、老いたTENGAは帰路へと着きました。

★──────────────────────────────────

| “サワディーカプ雄のタイ移住日記” の一覧はこちら       
| 
★───────────────────────

EGGタイプじゃなくて、CUPタイプの方ねー。

コメントを残す

*

ページの先頭へもどる