子供の日本人学校・インターナショナルスクール|海外移住・留学・転勤のサポートサイト

海外移住人気国ランキング
  • 1位 マレーシア移住
  • 2位 タイ移住
  • 3位 フィリピン移住
  • 4位 インドネシア移住
  • 5位 カナダ移住
  • 6位 ハワイ移住(アメリカ移住)
  • 7位 オーストラリア移住
  • 8位 ニュージーランド移住
  • 9位 スペイン移住
  • 10位 シンガポール移住
カテゴリ別移住ランキング
  • 総合ランキング
  • 安さで選ぶ
  • 治安で比べる
  • 定年退職者が選ぶ
  • ビザ取り易さ
  • 気候・風土で選ぶ

イジューの部屋

お子様も一緒の場合は?

教室で手を挙げる子供

学校の種類も様々ですが、 大きく分けると日本人学校と現地の学校、インターナショナルスクールの3つのタイプがあります。

日本人学校は、海外で生活をしている最中でも、日本の学校教育を受けさせたい場合に適しています。 日本人が多く暮らす都市の一部には、日本人学校があり、生徒も教師も日本人です。教師の中には日本政府から派遣されている教師もおり、 使用する教科書も日本で使われている教科書です。日本とほぼ同等のカリキュラムで授業が進むため、帰国後に、 お子様が授業についていけなくなる心配が非常に少ないというメリットがあります。

さらに、現地の言葉や習慣、文化などを学ぶ授業や、現地の子供との交流会などもあるため、 日本で生活するよりはグローバルな視点を培うことができます。また、日本人学校は私立校に該当するのですが、編入試験などはありません。 日本人学校の運営経費のおよそ3分の2は、日本政府によって助成されているため、授業料は現地の私立校のおよそ3分の1で済みます。

ご自身の意思で海外に来たわけではないお子様にとって、聞き慣れない言葉ばかりの生活環境は、 精神的にも強いストレスを抱えやすいなどの懸念点があります。しかし、同年代の日本人と日本語で遊んだり学んだりできる日本人学校は、 お子様にとってストレス発散の場となっており、親御さんにとっても、現地の情報を日本語で聞くことができたり、 育児の悩みを日本語で相談できる環境は、精神的にも安心しやすく、馴染みやすい教育環境となるでしょう。

現地の学校は私立と公立とありますが、私立校の場合は国や地域によって異なりますが、日本人学校の約3倍の授業料が掛かります。 大半の場合、私立校では編入するにあたり、編入試験があります。言葉の問題があるため、実際の年齢よりも下の学年に編入する可能性がありますが、 日本に帰国した際には、同じ年齢の子供たちと同学年になるので、心配はいりません。公立校は、編入する際に試験はありません。 学区によって通う学校が決まるので、住所に基づいて自治体から学校の決定を言い渡されます。国や地域によって異なるため一概には言えませんが、 比較的裕福層が住んでいる地域の公立校はレベルが高いことが多いです。

インターナショナルスクール

現地校の場合、日本人学校とは異なり、その国の教育環境の下で学校生活を送ることになります。 そのため、日本のように4月から始まる学期制度ではありません。シンガポールやマレーシアは1月から始まり2期制で、 同じく1月から始まるニュージーランドは3期制、オーストラリアは4期制、タイやフィリピンは6月から学期が始まり、インドネシアは8月から、 アメリカやカナダ、スペインは9月から学期が開始されます。

現地の学校に通うことで、生活習慣や文化の違いをより深く理解することができ、 その国の言語の習得も格段に早くなるという利点があります。

ネイティブな発音や言い回し、文法に触れることで、お子様の方がより多くの言葉を覚えるというメリットがある一方で、 日本とは異なる順序で授業を受けるため、帰国してから日本の授業を理解するには、相当な努力が必要となります。

そのような問題点を解消するために、補習授業校と呼ばれる学校があります。現地の日本人会が中心となって設置をしている学校で、 学習塾のような感覚で、土日や平日の夕方以降に日本の教科書を使って、日本人の先生が勉強を教えます。 補習授業校に通うことで帰国後の学校生活への適応力を身につけることができ、また現地の学校にはあまりいない日本人の友達ができることで、 お子様にとってのストレス緩和にも繋がります。